« 「判例による不貞慰謝料請求の実務 最新判例編vol.1」(中里和伸弁護士著) | トップページ | 「八ッ橋」の創業年表示をめぐる訴訟の判決 »

2020年5月22日 (金)

「Winny 天才プログラマー金子勇との7年半」(壇俊光著)

 前回に引き続き本の紹介です。

 大阪の壇俊光弁護士による「Winny 天才プログラマー金子勇との7年半」(インプレスR&D刊)。

 

 弁護士とは、Yahoo! BB個人情報流出事件ドロップシッピング被害事件の弁護団などや大阪弁護士会消費者保護委員会の電子商取引関係の部会でも長らくご一緒してきました。

 Winnyの開発者金子勇さんは、2004京都府警に逮捕され、「著作権法違反の幇助罪」という罪で起訴されて刑事裁判となりましたが、その金子さんの刑事弁護を担当する弁護団にさんが関与され、その中心メンバーとして活躍されました。

 なお、この事件の裁判については、当ブログでも取り上げています。

 → 「ブログ「あたーにーあっとろー」完結(winny金子博士と壇弁護士)」 2016/1/8)

 → 「Winny開発者に対する著作権法違反幇助事件で無罪確定(最高裁)」2011/12/21)

 ここで紹介している弁護士の「アターニーアットロー」は、この事件に関するスピンアウトブログとして書かれているもので(主ブログは「壇弁護士の事務室」)、これを基に、今回の本を出されました。

 技術的に難しいところも出てきますが、全体的には読むのに困難な内容ではありませんので、分からない人はすっ飛ばして読んでみてください。本書では、警察や検察の捜査や裁判での対応が紹介されています。詳しくは書きませんが、あれは、誇張ではなく実際に起こったことであり、我々のように刑事裁判に携わる者(私自身はほとんど刑事裁判はやりませんが)の目から見れば、極めて問題のあると言わざるを得ない現実が書かれています。

 kindle版も出ています。Winnyに興味のある方、刑事裁判に興味のある方は是非お読みください。

 金子さんは、この事件の無罪が最高裁判所で確定した201112月(逮捕から7年経過)から1年半後の20137月に42歳という若さで亡くなりました。
   合 掌

« 「判例による不貞慰謝料請求の実務 最新判例編vol.1」(中里和伸弁護士著) | トップページ | 「八ッ橋」の創業年表示をめぐる訴訟の判決 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「判例による不貞慰謝料請求の実務 最新判例編vol.1」(中里和伸弁護士著) | トップページ | 「八ッ橋」の創業年表示をめぐる訴訟の判決 »

最近のトラックバック