« 実業団陸上の移籍禁止規程と独占禁止法 | トップページ | 日産に対する課徴金を取り消す裁決(消費者庁)1 »

2018年12月22日 (土)

「小さなお葬式」の料金表示についての措置命令(消費者庁)

 昨日(12/21)、消費者庁が、株式会社ユニクエスト(大阪市西区)に対して、同社が「小さなお葬式」の名称で運営する葬儀サービスの表示について、景品表示法違反の不当表示(有利誤認)があったとして、措置命令を行っています。

 → 消費者庁公表資料(PDF)

100

 これは、ユニクエスト「小さなお葬式」において、「小さな火葬式」、「小さな一日葬」、「小さな家族葬」、「小さなお別れ葬」、「100名までのお葬式」という5種の葬儀サービスを提供していましたが、これらについて、自社webサイト上において、

 例えば、「追加料金一切不要のお葬式 総額188,000円(税込)」、「追加料金一切不要の安心価格プラン金額がお葬式にかかる全ての費用です。」などと記載して、あたかも、これらの葬儀サービスの提供に関して追加料金が発生しないかのように表示していましたが、

 実際には、寝台車や霊柩車の搬送距離が50㎞を超える場合や遺体安置日数が設定日数を超える場合など一定の場合には、追加料金が発生するものでした。

 なお、消費者庁によれば、「打消し表示」に関して、ユニクエストは、上記の表示を行った自社webサイトの別のページには、追加料金が例外的に発生する場合があることを記載していましたが、「当該記載は、リンク先に追加料金に係る重要な情報が存在するとは記載されていない「よくある質問」等のハイパーリンクの文字列をクリックしなければ表示されないものであること等から」、一般消費者が上記表示から受ける当該サービスに関する認識を打ち消すものではない、としています。

101_2

 報道によれば、ユニクエストの担当者は、取材に対して「消費者庁の指摘は受けとめるが、有利誤認との判断は不服だ」として、処分取り消しの提訴も検討しているとのことです。

« 実業団陸上の移籍禁止規程と独占禁止法 | トップページ | 日産に対する課徴金を取り消す裁決(消費者庁)1 »

法律」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「小さなお葬式」の料金表示についての措置命令(消費者庁):

« 実業団陸上の移籍禁止規程と独占禁止法 | トップページ | 日産に対する課徴金を取り消す裁決(消費者庁)1 »

最近のトラックバック