フォト

weathernews

ツイッターでつぶやく

無料ブログはココログ

« ベネッセ個人情報流出事件 最高裁が差し戻し判決 | トップページ | 「葛の花イソフラボン」を含む機能性表示食品に対する措置命令(不当表示) »

2017年11月 2日 (木)

第三者の比較サイトと見せかけた広告などが不当表示とされた事案(ステマ)

 消費者庁は、本日、株式会社ARS及び株式会社リュウセン(いずれも東京都台東区)に対し、両社の「日常生活における各種トラブルを解決するための役務」に係る表示について、景品表示法違反の不当表示(優良誤認)が認められたとして、措置命令を行っています。

  → 消費者庁公表資料 (PDF)

 これは、一般家庭など向けに電気や水道、鍵などのトラブルに関する生活関連サービスを事業としている両社が、自社のwebサイトの他に、自社とは無関係の事業者が運営するものであるかのように装ったwebサイトにおいて、サービス拠点の数や、従来の実績件数、テレビの取材件数などを過大に表示したり、根拠なく、「最大手」、「業界No.1」、「日本一」等の表示を行っていたものです。

 こういった生活サービス業者の広告表示についての不当表示措置命令が出されたのは珍しいですし、本件は自社サイトでの宣伝表示と共に、実際には自社が運営していて、表示内容を自ら決定しているにもかかわらず、見かけは自社とは無関係のサービス業者比較webサイトでの表示についての措置命令というのも珍しいですね。第三者の客観的なサービス内容の比較サイトであると見せかけて、消費者に対して自社が優良なサービスを提供しているかのごとく誤認させるもので、一種のステルスマーケティングであり、悪質な宣伝だと思います。

« ベネッセ個人情報流出事件 最高裁が差し戻し判決 | トップページ | 「葛の花イソフラボン」を含む機能性表示食品に対する措置命令(不当表示) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

法律」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183277/65994169

この記事へのトラックバック一覧です: 第三者の比較サイトと見せかけた広告などが不当表示とされた事案(ステマ):

« ベネッセ個人情報流出事件 最高裁が差し戻し判決 | トップページ | 「葛の花イソフラボン」を含む機能性表示食品に対する措置命令(不当表示) »