フォト

weathernews

ツイッターでつぶやく

無料ブログはココログ

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月の記事

2013年12月31日 (火)

本年もありがとうございました。

 2013年も、残りわずかとなりました。

  今年も皆さん本当にありがとうございました。 

 今年は、 「インターネットの法律問題」(共著、新日本法規出版)を出すことができ、そこそこ販売できているとお聞きしてホッとしていますが、おかげさまで来年もいくつかの共著本を出版できそうです。

  また、新年早々(1月4日)販売開始予定の次の雑誌の特集に、どぶろく規制緩和に関連して自家醸造を認めてもいいのじゃないか、という少し毛色の変わった記事を載せていただきました。興味のある方はご覧ください。 

  本ではありませんが、SNSのリスクなどに関して、主に事業者向けの近畿経済産業局のセミナーを2月6日にやる予定にしてます。まだwebサイトに、満員との記載はないので、よろしければご参加ください(締め切りの節はご容赦。)。   

「平成25年度第2回情報技術戦略セミナー ~サイバー攻撃に対する企業リスクを考える~」

  仕事とは別に、個人的には、何年ぶりかでフルマラソンのサブフォー復活を狙っているのですが、これはどうなることかわかりません。いずれにせよ、皆さんと共に健康な一年を過ごしたいと願っています。 

それでは、一年間、ありがとうございました。

来年も変わりませず、よろしくお願い申し上げます。

2013年12月30日 (月)

「消費者情報」1月号「ネットの危険から子どもを守る」

 またまたブログ更新がおろそかになって、今月は全く書いてないことに気付きました。今日明日くらいは書いておかないと(苦笑)
 バタバタしているせいもありますが、多くのブロガーがおっしゃっているように、最近はtwitterやFacebookで発信できてしまうので、なかなかブログが書けなくなるという傾向にありますね。よろしければ、私のFacebookページもご覧下さい。
 → Facebookページ「弁護士 川村哲二」

 さて、私も理事をしております(公財)関西消費者協会の雑誌(ほぼ月刊誌)「消費者情報」の最新号が出ました。

 → 2014年1月号「消費者情報」
       「ネットの危険から子どもを守る」
 

 内容は下記の通りです。青少年とインターネットというのは最近重要な問題となっています。ネットに拡散された情報は取り返しのつかないような事態を招く危険があり、自分や他人に回復しがたい大きな損害を与える可能性があります。

「ネットの危険から子どもを守る」

インタビュー  兵庫県立大学准教授 竹内和雄さん

見守りが欠かせない子どものネット利用  編集部

  特 集

ほんとに危ない、子どもとネット

知っておきたい最近のネット事情

  テレコムサービス協会企画部長 明神浩

子どものネット利用でおこる消費者被害

  ECネットワーク理事 原田由里

ネットの危険から守るために 学校教員に向けたネット関連情報

  金城学院大学教授 長谷川元洋

  出来事・法律・条約

2013年消費者関連出来事  編集部

2013年消費者関連法律・条約  編集部

  シリーズ

がんばれ! 消費者委員会 5  消費者委員会委員 高橋伸子

私の消費者教育8「消費者・地域の力と目線で大阪府消費者教育推進計画を作ろう」

  全大阪消費者団体連絡会事務局長 飯田秀男

くらしあんぐる 2014 「真実が世に広まらない」

  中日新聞編集委員 白井康彦

多重債務キャラバントークワタシのミカタ  司法書士 峯村伸吾 

ADR機関を活用しよう !  総合紛争解決センター

現場からの情報【相 談】 競馬予想情報提供サービス

現場からの情報【テスト】 首から下げるタイプの除菌用品の安全性

団体訴権への展開   消費者支援機構関西(KC’s)

消費者志向をカタチに   日本訪問販売協会専務理事 伊藤秀秋

判例に学ぶ   弁護士 辰巳裕規

Consumer's Eye  編集部

ネット漂流 Vol.18「子どもがトラブルに遭わないための『LINE設定』の方法」

  NIT情報技術推進ネットワーク 篠原嘉一

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »