フォト

weathernews

ツイッターでつぶやく

無料ブログはココログ

« 消費者庁「消費者が実行すべきポイント~『ソーシャルゲーム』、『口コミサイト』、『サクラサイト』」および本の宣伝です。 | トップページ | 集団的消費者被害救済制度についてと「消費者法ニュース」最新刊 »

2013年4月10日 (水)

著作権のことをみんなで考えるサイト「COLABORA」が公開

 立法作業が遅れている集団的消費者被害訴訟の法案が先日ようやく自民党の担当部会を通ったようです。聞く所によれば、以前の事案は対象とならない条件となったとかです。経済団体が立法化に慎重な対応を求めている中、閣議決定まですんなりといくでしょうか。現在の制度案を見る限りは、企業側が心配するような乱訴であるとか、訴訟が多発するといったようなことはあり得ないと思うのですが。


 さて、著作権制度に関して、新しいwebサイトが公開されたようです。

 「COLABORA」(Copyright Laboratory)というサイトで、これは「こらぼら」と読ませるのでしょうか。クリエイティブ・コモンズ・ジャパン(CCJP)、国際大学グローバル・コミュニケーション・センター(GLOCOM)、一般社団法人インターネットユーザー協会(MIAU)が、共同で開設したものです。

 インターネット化、デジタル化が広く浸透している現在は、著作権は一部の関係者だけでなく、全ての市民に関わる重要な問題となっています。未成年者を含めて普通の市民が、容易に著作権者となり、一方でまた侵害者となりうる社会となっていて、場合によっては刑事犯罪行為となってしまうわけですが、著作権制度の内容について一般的にはまだまだ理解されていないというのが実情です。

 新サイト「COLABORA」は、著作権FAQや「Copedia」と名付けられた用語集など、見た目も取り付きやすそうです。まだコンテンツ的には多くはありませんが、一般の人への著作権問題の啓蒙の場として発展していくことを期待したいと思います。

« 消費者庁「消費者が実行すべきポイント~『ソーシャルゲーム』、『口コミサイト』、『サクラサイト』」および本の宣伝です。 | トップページ | 集団的消費者被害救済制度についてと「消費者法ニュース」最新刊 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

法律」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183277/57147119

この記事へのトラックバック一覧です: 著作権のことをみんなで考えるサイト「COLABORA」が公開:

« 消費者庁「消費者が実行すべきポイント~『ソーシャルゲーム』、『口コミサイト』、『サクラサイト』」および本の宣伝です。 | トップページ | 集団的消費者被害救済制度についてと「消費者法ニュース」最新刊 »