フォト

weathernews

ツイッターでつぶやく

無料ブログはココログ

« 韓国家族法についての研修受けてきました。 | トップページ | 大規模小売業者等と納入業者との取引に関する実態調査報告書(公取委) »

2012年7月11日 (水)

「身長伸ばし」「美顔矯正術」の不当表示措置命令(消費者庁)

 ブログ更新がままならない状態が続いておりますが、本日(10日)、景品表示法に基づく措置命令が出ています。

 これは、株式会社コジマ身長伸ばしセンター(東京都中央区)という会社に対するもので、同社の自社サイトでの「身長伸ばし」及び「美顔矯正術」と称する役務の表示について、景品表示法に違反する行為が優良誤認表示とされたものです。

 子供の頃のマンガ雑誌の広告によく、身長伸ばしに関するものがあったのをちょっと思い出しました。先日(6/28)にも、抗シワ効果を標ぼうする化粧品の表示について、同様の措置命令が出されていましたが、こういった健康、美容関連の行き過ぎた宣伝はたくさんありますね。

 → 消費者庁サイト報道発表資料(PDF)

【措置命令の概要】

 同社の「身長伸ばし」及び「美顔矯正術」と称する役務に関し、自社ウェブサイトにおける表示が優良誤認とされたもの。

「身長伸ばし」に係る表示については、「コジマの身長伸ばし」「一人ひとりのお身体の状態に合わせた効果的な身長伸ばしを実現します。」「【鑑定資料1の1-1及び1-2では、下腿骨の長さの相違が確認できる】」等の表示がなされていた。
 これに関し消費者庁が景品表示法4条2項に基づき、同社に対し、当該表示の裏付けとなる合理的な根拠を示す資料の提出を求めたところ、同社から資料が提出された。しかし、当該資料は当該表示の裏付けとなる合理的な根拠を示すものとは認められなかった。

 「美顔矯正術」に係る表示についても、「小顔総合センター」 「銀座コジマオリジナルの高度な施術なので、元に戻る心配もありません。」 「顔幅を狭くする高度な技」 「【鑑定資料6の6-1及び6-2では、頭蓋骨の大きさの相違が確認できる】」 等の表示がなされていた。
 これに関し消費者庁が景品表示法4条2項に基づき、同社に対し、当該表示の裏付けとなる合理的な根拠を示す資料の提出を求めたところ、同社から資料が提出された。しかし、当該資料は当該表示の裏付けとなる合理的な根拠を示すものとは認められなかった。

【命令の概要】

  1.  当該表示は、対象役務の内容について、一般消費者に対し、実際のものよりも著しく優良であると示すものであり、景品表示法に違反するものである旨を、一般消費者へ周知徹底すること。
  2.  再発防止策を講じて、これを役員及び従業員に周知徹底すること。
  3.  今後、同様の表示を行わないこと

« 韓国家族法についての研修受けてきました。 | トップページ | 大規模小売業者等と納入業者との取引に関する実態調査報告書(公取委) »

法律」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183277/55167568

この記事へのトラックバック一覧です: 「身長伸ばし」「美顔矯正術」の不当表示措置命令(消費者庁):

« 韓国家族法についての研修受けてきました。 | トップページ | 大規模小売業者等と納入業者との取引に関する実態調査報告書(公取委) »