フォト

weathernews

ツイッターでつぶやく

無料ブログはココログ

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月の記事

2012年4月26日 (木)

医薬品ネット販売規制行政訴訟で原告側主張を認める逆転判決(東京高裁)

 2009年の薬事法改正に伴う厚生省令により、インターネットでの医薬品販売が規制されたことについて、ケンコーコムウェルネットが行政訴訟を提起したことについては、以前ここで取り上げました。

 → 「医薬品ネット販売規制に対する行政訴訟提起(薬事法)」(09/5/26)

 一審の東京地裁判決(平成22年3月30日)は、このような規制は合理的なものとして、原告敗訴となっていました。

 → 一審判決の報道記事(INTERNET Watch)

 そして、本日、控訴審の東京高等裁判所が、原告側の主張を認める逆転の判断を下しました。

 まだ、詳しい判決内容について報道がなされていないのですが、そろそろ原告の会見も開かれるようですので、また、追記していきたいと思います。ひとまず、速報です。


【追記】(4/26 PM5:30)
 判決直前の解説記事としては、これが詳しいですね。ただし、日時経過によりリンク切れになると思います。
 → msnサンケイニュース
 「医薬品のネット販売 安全性か利便性か 26日の高裁判決で再燃も」


【追記】(4/26 PM9:20)
 ケンコーコムのプレスリリースが出ています。判決要旨も載っています。しかし、判断理由については省略されていますので、詳しい中身はわかりません。

 → ケンコーコム「訴訟の判決に関するお知らせ」

 この訴訟では、原告は、ネットなどで販売する権利があることの確認と、それを禁ずる厚労省令の無効の確認などを求めていたのですが、今回の東京高裁判決は、その前者について認め、後者については認めませんでした。

 この後者を認めず、前者のみを認めたという形式は訴訟の建前から納得もできるのですが、前者を認めた理由が掲載されていませんので、判決全文の公表待ちということになります。


【追記】(4/26 PM9:40)
 その後の報道を見ると、改正薬事法が、第一類、第二類医薬品のネットなどによる販売を禁止することを、厚労省令に委任したとは認められないので、ネット販売の規制は「国民の権利を制限する省令の規定であり、国家行政組織法12条3項に違反する」という理由のようですね。
 要するに薬事法という法律によって委任されていないのに、省令で禁止できないよ、ということです。

 → INTERNET Watch


【追記】(4/27 AM7:40)
 この判断理由からすると、ネット販売規制自体が違法とか違憲とか言っているわけではないので、国が、薬事法を改正してネット販売規制を行った場合は、その規制は有効とされる可能性は充分にあることになりますね。
 そのあたりへの判決の言及がどの程度なされているのか、判決文公表が待たれます。


【追記】(5/6)
 ケンコーコムの自社サイトのプレスリリースに「判決要旨」がアップされていますね。判決文のそのままではありませんが、おそらくは、裁判所がマスコミ用に作成した要旨ではないか、と思われます。

 → ケンコーコム・サイト プレスリリース


【追記】(5/9)
 今朝のNHKの報道では、国は上記東京高裁判決に対し上告をすることを決めたとのことのようですね。

2012年4月25日 (水)

本年度最初の行政処分事案(下請法・景品表示法)

 新聞報道もされていますが、下請法景品表示法について、それぞれ本年度に入って最初の勧告、措置命令が出されています。


 まず下請法ですが、昨日4月24日付の公正取引委員会の勧告で、紳士服小売大手の株式会社コナカ(横浜市戸塚区)が、紳士服等の製造を委託した下請事業者に対し、「値引き」として、下請代金の額に一定率を乗じて得た額を負担するよう要請し、これに応じた下請事業者について下請代金の額を減じていた、というもの(下請法4条1項3号(下請代金の減額の禁止)違反)。
 減額した金額は、下請事業者10名に対し、総額3073万6907円ですが、コナカは、勧告前に支払ったようですね。

 → 公取委サイト 報道発表資料(PDF)


 景品表示法のほうは、有限会社エム・ワイ産業(茨城県龍ケ崎市)が販売する自動車ガソリンに係る表示について、同社が運営する竜ヶ崎給油所において、「ハイオク」として店頭看板及び計量器における表示をして販売した自動車ガソリンが、実際には、大部分がレギュラーガソリンであった、というもので、景品表示法4条1項1号(優良誤認)の不当表示に該当するとして、4月19日付で、消費者庁が措置命令を行ったものです。

 → 消費者庁 ニュースリリース(PDF)

 なお、本日報道されているところによれば、経済産業省資源エネルギー庁の調査により、この会社のみならず、実際はレギュラーにもかかわらず「ハイオク」と称して販売していたガソリンスタンドが過去5年で全国で延べ209か所に上ったことがわかった、とのことです。
 ガソリン給油しても見えるわけでもなく、見ても多分分からないでしょうから、ガソリンスタンドを信用するしかないし、ハイオクでなくても車は走りますので、走行させて違いが分かる人も少ないのではないでしょうか。こういうのは行政で調査してもらわないとどうしようもないですね。

2012年4月23日 (月)

裁判員裁判の体験ゲームの予告動画公開(大阪弁護士会)

 2つ前の記事で、大阪弁護士会裁判員裁判の体験ゲームを作った、ということをお知らせしました。皆さんに公開するのは来月のようですが、今回、YouTubeにて、その予告編的な動画が公開されました。
 なかなか良く出来ていますので、ご紹介いたします。

 → 【大阪弁護士会】ゲームで裁判員! (YouTube動画)

 私も公開を楽しみにしています。

 弁護士や弁護士会からの広報の新たな展開としても注目しています。興味のある方には、公開後是非体験いただき、いろいろなご意見をいただければいいのではないかと思います。

2012年4月17日 (火)

ベアリングの価格カルテル事件が刑事告発へ

 今朝から、自動車部品などに使われるベアリング販売に関する価格カルテルの疑いで、公正取引委員会が大手メーカーを独占禁止法違反(不当な取引制限)罪で、検事総長に刑事告発する方針を固めたとの報道がなされています。

 刑事告発の対象とされているのは日本精工、NTN、ジェイテクト、不二越の4社のようです。ただし、一部報道では、ジェイテクトについては、調査前の自主申告により対象からはずされる方針ともされています。

 昨年7月、この件で公正取引委員会が調査に入った時にちょっとだけ、当ブログでも触れましたが、神戸大学の泉水教授がブログで解説をされています。
 → 独占禁止法の部屋ブログ
   「軸受け(ベアリング)価格カルテルの反則調査」
(11/7/27)

 独占禁止法違反のカルテル事件での刑事告発については、以前の事件で書きましたので、自主申告との関係を含めて、そちらをご参照ください。

 → 「 亜鉛めっき鋼板カルテルの刑事告発について(独禁法)」(08/11/8)

 → 「亜鉛めっき鋼板カルテル事件の刑事判決(東京地裁)」(09/9/15)

【追記】(4/17)
 若干、本文を加筆等しました。

【追記】(4/20)
 今日は朝から、関係各社への東京地検特捜部の強制捜索が報じられていますね。上記本文の公取委による刑事告発前の捜索のようです。

【追記】(4/23)
 報道によれば、本日は、20日の捜索に引き続き、東京都以外の各社の本社などの捜索がなされているようですね。

【追記】(6/14)
 報道によれば、本日、公取委は、日本精工、NTN、不二越の3社と役員ら7人を検事総長に告発したとのことです。違反を最初に申告したジェイテクトはリニエンシー制度により、告発を免れたようですね。

2012年4月15日 (日)

映画「青いソラ白い雲」(金子修介監督)と「裁判員体験ゲーム」(大阪弁護士会)

 年度明けからバタバタとしていまして、ブログの更新ができないままになっていました。

 これを書きながら、NHKスペシャル「木嶋被告 100日裁判」を見ています。いろいろな意味で重い事件ですが、ブログのほうは日曜日ですし、エンタメ系の少し軽い話題でご勘弁ください。

 まず、金曜土曜と仕事で東京出張だったのですが、土曜午前は時間がありましたので、新宿で映画を見ていました。
 というのも、Twitterで知り合いになった歌手の畑中葉子さんが女優として出演された映画「青いソラ白い雲」(金子修介監督)が先日から公開されていたのですが、残念ながら、今の所関西では上映館がなく(どこかやって下さい。〈やるようです。後記の追記参照ください。〉)、新宿のK's sinema で午前1回の上映のみだったので、鑑賞させていただいたものです。

 → 「青いソラ白い雲」公式サイト

 東日本大震災後の日本がテーマとなっているので、最初聞いたときは重い内容の映画かと思っていたのですが、実際には、テンポのよい軽快なタッチの青春映画になっています。しゃれたコメディ映画の佳品ですね。

 主人公は、モデルの森星(もりひかり)さんで、森英恵さんの孫、森泉さんの妹で、セレブの娘さん役を可愛く演じておられました。この主人公の母親が畑中さんです。
 とある新聞の映画評では、「謎の人物やエピソードを盛り込み過ぎ」とありましたが、私はそんな風には感じませんでした。適度な軽い笑いを楽しめる作品だと思います。大沢樹生さん演じる自称音楽プロデューサーは後半の重要な役どころを見事に演じられていました。また、川谷拓三の息子の仁科貴さんはお父さんそっくりになられて(前からそっくりではありましたが)錯覚してしまいました。
 何と言っても、ラストシーンで森星さんが川の堤防上を唱うシーンはとても良かったです。私は今朝、いつもの川沿いのコースをランニングしてたのですが、このシーンの歌がずっと頭の中で回っていました(笑)

 ということで、よろしければご覧下さい。震災直後のこの映画は貴重な作品だと思います。

 ※追記※ 大阪での上映が決まったようですね。
         6月2日~ 十三 シアターセブン


 で、もう1つのネタは、これです。冒頭の裁判員裁判の話題と間連するものです。ただし、ニュースサイトなので、そのうち消えますので・・

 → 読売新聞「裁判員体験ゲーム 大阪弁護士会がHPで来月無料公開」

 来月公開されるようなので、そのときはまたご紹介いたしますが、大阪弁護士会の関係委員会でかなり頑張って作ったようです。もちろん、私はまだ体験できていませんが、ちょっと期待しています。

2012年4月 5日 (木)

 犬の負傷について飼い犬用リードひもの製造物責任が認められた判決(名古屋高裁)

 3年以上前になりますが、ペットの犬を車に同乗させていて交通事故で怪我をしたケースでの損害賠償に関する判決の記事を書いたことがあります。

 → 「同乗のペット犬の負傷に対する交通事故損害賠償判決」(08/11/10)

 今回、交通事故ではありませんが、同様に、飼い犬の怪我についての損害賠償訴訟の判決を見つけましたのでご紹介します。上の判決と同じく名古屋高裁ですね。こっちは、飼い犬用ブレーキ付きひもの製造物責任が問題になった事案です。

 名古屋高等裁判所平成23年10月13日判決(判例時報2138-57)

 事案は、ブレーキ付きリードひもを使用して散歩させていた飼い犬が突然走り出し(別の犬のところへ行こうとしたようです。)、飼い主がひものブレーキボタンを押したが、リールが空回りしてブレーキがかからず、飼い主がリードを引っ張って犬の前進を阻止した際に犬がジャンプして後ろ向きに倒れ、両後ろ足に怪我を負ったというもののようです。

 飼い主は、この飼い犬用のひもには、製造物責任法(PL法)3条の「欠陥」があったとして、このひもを輸入販売していた会社を被告として損害賠償の請求を行っていたものです。
 この裁判の一審岐阜地裁(平成22年9月14日判決)は、「欠陥」はなかったとして飼い主の請求を棄却しました(原審判決も同じ判例時報に掲載されています。)。

 本件の主要な争点は製造物責任法上の「欠陥」の有無で、原審と異なり、名古屋高裁は「欠陥」の存在を認定して、輸入販売会社の損害賠償責任を認めました。「欠陥」についての判断は判決を直接見てもらうことにして、ここでは、高裁判決が認容した損害額を取り上げます。

 事案は違いますが、法律上、損害自体の考え方は冒頭の交通事故の場合と基本的には同じことになります。

 本件では、飼い主は、犬の治療費等(42万7280円)、リードひもの代金(4680円)、飼い主の慰謝料(80万円)を請求しています。
 判決では、このうち、治療費等については、ほぼ満額(42万5260円)を認め、リードひもについては、それまで3回使用していたとして半額の2340円を認めました。

 そして、飼い主の慰謝料(精神的損害)については、「・・・・控訴人は、本件事故後、夫の協力を得ながら、歩行が困難になったタロウの面倒をみるとともに、これまでに、タロウのリハビリに必要な車椅子を四台製作していること、現在もタロウの両後ろ足には固定具が装着されていて、今後も、タロウの面倒をみていかなければならないこと、タロウは、控訴人夫婦の家族の一員として扱われてきていることが認められる」として、慰謝料額は30万円が相当である、と判断しています。

 冒頭の交通事故の裁判では、飼い主の夫婦2名が原告となっており、こちらの高裁判決は、原告両名にそれぞれ20万円ずつの慰謝料(ただし、過失相殺有り)が認められています。

 同種のペットの傷害についての損害賠償を考えるうえでは参考になる事件ですね。

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »