フォト

weathernews

ツイッターでつぶやく

無料ブログはココログ

« ビールの不当廉売警告事案(公取委) | トップページ | NTT東・西に対する独占禁止法による差止訴訟提起(ソフトバンクBB・ソフトバンクテレコム) »

2011年11月15日 (火)

「茶のしずく石鹸」(旧商品)のアレルギー被害について

 小麦由来の成分による重いアレルギー症状を引き起こすとして自主回収中の「茶のしずく石鹸」(旧商品・平成22年12月7日以前の製造分)に関して、発症者が471人に上ることが、厚生労働省のまとめでわかった、と報じられています。
 このうち66人は、救急搬送や入院が必要な重篤な症例ということで、一時意識不明に陥った例まであったようです。ただ、この商品は人気商品で約467万人に販売されていたものですので、実際には、今回報告された発症者数よりかなり多い被害件数があるのではないかと考えられます。

 この商品は 悠香(福岡県大野城市)が販売していたもので、症状は、全身の腫れや呼吸困難などで、小麦アレルギーが元々なかった人でも、使っている内に発症することがあるとされています。

 この件については、昨年10月に厚生労働省から被害事例の公表がなされ、今年5月に、悠香が商品を自主回収することを発表していました。

 → 厚生労働省「小麦加水分解物を含有する医薬部外品・化粧品に
            よる全身性アレルギーの発症について」

 → 厚生労働省「「茶のしずく石鹸」の自主回収について」

 → 国民生活センター
   「「茶のしずく石鹸」による小麦アレルギーについて」

 なお、既に各地で被害者の救済解決に向けて、被害弁護団が立ち上がっています。下記は大阪の弁護団のサイトですが、各地の弁護団についても紹介されています。

 → 茶のしずく石けん被害救済大阪弁護団サイト

 また、以下のサイトでも、このアレルギー症状に関する情報が掲載されています。ご参考まで。

 → 「小麦加水分解物含有石鹸「茶のしずく」を使用したことによ
    り発症する小麦アレルギーに関する情報センター」

« ビールの不当廉売警告事案(公取委) | トップページ | NTT東・西に対する独占禁止法による差止訴訟提起(ソフトバンクBB・ソフトバンクテレコム) »

法律」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183277/53250037

この記事へのトラックバック一覧です: 「茶のしずく石鹸」(旧商品)のアレルギー被害について:

« ビールの不当廉売警告事案(公取委) | トップページ | NTT東・西に対する独占禁止法による差止訴訟提起(ソフトバンクBB・ソフトバンクテレコム) »