フォト

weathernews

ツイッターでつぶやく

無料ブログはココログ

« 弁護士費用のお話 | トップページ | 迷惑メールが届きだした話と、「契約用語使い分け辞典」(新日本法規)の訂正情報 »

2011年10月17日 (月)

情報ネットワーク法学会研究大会参加してきました(北海道大学)

 先週末10月15日に北海道大学で開催された情報ネットワーク法学会第11回研究大会に参加してきました。この法学会には第1回から参加しており(もっとも毎年参加できているわけではありませんが)、いつも刺激を受けています。

 今年はテーマが午前3つ午後2つに分かれての分科会方式で、聴きたい報告やパネルディスカッションが重なっていて、当然ながら全てを聴くわけには行かず残念でした。

 午後の後半のパネルディスカッションは、「大震災とソーシャルメディア:その意義と課題」を選択しました。大震災後のソーシャルメディアの役割などについては、いろいろなところで語られてはいます。そういえば、先日、大阪弁護士会館で行われた電子商取引問題研究会などのシンポで津田大介氏もこのテーマの話をされていましたね(当ブログの9/9記事参照)。
 今回は、下記の通り多彩なパネリストが、被災地の現場での実際の支援活動の体験も踏まえて、ソーシャルメディアの役割や課題、今後の在り方などについて、報告、議論がなされました。話は、災害発生後の支援活動時に個人情報保護法や著作権などによる諸規制をどのように考えるか、という今後の課題にまで及び、活発な討論がなされていました。

  ◎パネリスト

小林 啓倫氏 ((株)日立コンサルティング コンサルタント)
西條 剛央
 (早稲田大学MBA専任講師、ふんばろう東日本支援プロジェクト代表)
谷脇 康彦氏 (総務省大臣官房企画課長)
藤代 裕之氏 (ジャーナリスト)

  ◎司 会 一戸 信哉氏(敬和学園大学人文学部准教授)

 なお、大阪弁護士会の弁護士も数名参加しており、その内の壇俊光弁護士もブログに記事を書いています。壇さんも、上のパネルディスカッションに参加されていました。

 → 壇弁護士の事務室「情報ネットワーク法学会2011終了」

【追記】(10/18)

 大分の吉井正明弁護士のブログにも書かれていますね。2人でtsudaっていました(笑)

« 弁護士費用のお話 | トップページ | 迷惑メールが届きだした話と、「契約用語使い分け辞典」(新日本法規)の訂正情報 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

法律」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183277/53018507

この記事へのトラックバック一覧です: 情報ネットワーク法学会研究大会参加してきました(北海道大学):

« 弁護士費用のお話 | トップページ | 迷惑メールが届きだした話と、「契約用語使い分け辞典」(新日本法規)の訂正情報 »