フォト

weathernews

ツイッターでつぶやく

無料ブログはココログ

« 最高裁の2つの判断の報道(広告掲載責任と預金差押に関する事件) | トップページ | 出会い系サイトのトラブル関連資料(消費者庁・インターネット消費者取引連絡会) »

2011年9月27日 (火)

日本ジュエリー協会「2010年度お客様相談室相談概要」

 ネット上で、たまたま目にした情報からなのですが、ジュエリー産業に携わる企業などで組織されている社団法人「日本ジュエリー協会」(JJA)という団体が、本年6月21日付で、昨年度にお客様相談室に寄せられた相談の概要を公表しています。

 → 社団法人日本ジュエリー協会(JJA)

 → 「お客様相談室2010年度相談概要発表」(PDF)

 これによれば、ジュエリーのネット販売や訪問買取りなどに関するトラブルが増加しているとのことです。
 2010年度のお客様相談室での相談件数は373件で、昨年度比9.4%増加しており、概要は次の通りとされています。

  • ジュエリーの素材の表示や説明に関する相談が増加
  • 消費者のタンス在庫20兆円と言われる中でリフォーム需要の高まりを背景にリフォーム・買取りに関する相談が急増
  • ネット販売でのトラブルに関する相談が増加
  • マスコミからの問い合わせが「前年度17件」→「2010年度65件」と増加

 「ジュエリーの素材(宝石、貴金属)についての説明や表示について」の相談が多く寄せられているとのことで、ジュエリー素材(宝石、貴金属)の不当表示や誤認されるような表示については消費者や消費生活センターから寄せられるばかりでなく、事業者からの相談も多く寄せられているとしています。
 その例として挙げられているのは、「K18 でオーダージュエリーを作ってもらったが、K10 位の色の薄さだった。K18 ではない。」、「シルバー925 と説明されている製品を購入したら、真鍮でした。表示義務はどうなっているのでしょうか?」、「ブルームーンストーンと呼ばれて売られている宝石を購入したが、本当の宝石名はラブラドライトかペリステライトではないですか?」、「ルビーが加熱処理してあるなんて今まで知りませんでした。加熱してあるルビーなら要りません。今まで購入したルビーを全て返品したいと思います。」などの苦情とのことです。

 ネット通販に関する相談も増加傾向ということで、その中には、やはり「ネット販売で、Pt(刻印あり)・ダイヤモンドネックレスと表示してあった商品を購入し、質屋で見てもらったらプラチナでもダイヤでもないと言われました。騙されたが、返品不可と言われました。」、「Pt100 というネット上の説明があったが、これはプラチナ10%のジュエリーをPt100%と消費者に誤認させる表示だと思います。」などといった景品表示法に違反する可能性のある不当表示もあるようです。

 また、最近流行っている貴金属等の買取ビジネスについても、悪質な業者に関して注意喚起をしています。こういったビジネスに関し、悪質な訪問買取業者について、国民生活センターも注意を呼びかけています。
 → 国民生活センター・サイト
 「突然自宅を訪れる貴金属等の買い取りサービスに関するトラブル」
 「震災を口実に訪問する貴金属の買い取りサービスにご注意」

 こういった不当な表示や販売の実態があること自体はけしからんことですが、業界団体が自ら苦情相談などの概要を公表する姿勢は、消費者にとっても歓迎すべきことだと思いますし、業界の信頼獲得にも繋がる活動ではないかと思います。

【追記】(9/28)

 消費者庁では、貴金属等の訪問買取りに関するトラブルの実態を把握・分析し、規制のあり方について検討するために「貴金属等の訪問買取りに関する研究会」を今年7月から開催しています。
 9月30日に予定されている第4回研究会では論点整理案が出されるようであり、パブリックコメント募集も始まるのではないかと思われます。なお、研究会資料等は消費者庁サイトに掲載されています。

« 最高裁の2つの判断の報道(広告掲載責任と預金差押に関する事件) | トップページ | 出会い系サイトのトラブル関連資料(消費者庁・インターネット消費者取引連絡会) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

法律」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183277/52844391

この記事へのトラックバック一覧です: 日本ジュエリー協会「2010年度お客様相談室相談概要」:

« 最高裁の2つの判断の報道(広告掲載責任と預金差押に関する事件) | トップページ | 出会い系サイトのトラブル関連資料(消費者庁・インターネット消費者取引連絡会) »