フォト

weathernews

ツイッターでつぶやく

無料ブログはココログ

« 焼き肉セットの等級についての不当表示(消費者庁) | トップページ | 「キュレーションの時代」(佐々木俊尚)一気読みしました。 »

2011年3月 4日 (金)

連日の牛肉の不当表示措置命令(消費者庁)

 読売新聞販売店の地位保全仮処分に関する保全抗告事件に関して、福岡高裁が、読売新聞社の申立を認めなかったようです。具体的な中身を読むことができましたら、また取り上げるかもしれません。なお、この事件は以前、当ブログでも取り上げました催告書の著作権が問題となった裁判と関連しているものです。
 → 「「催告書』の著作権に関する判決(東京地裁)」(9/3/31)

 さて、昨日に引き続き、消費者庁景品表示法違反の措置命令を出しています。年度末にかけて連投でしょうか。ちょっと留意しておきたいのは、消費者庁独自調査によるものではなく、公正取引委員会の調査に基づいた処分が多いところですね。
 なお、昨日の記事の途中に、「牛肉、焼き肉関係が多いような気がしますですね(笑)」と入れました。ちょっと冗談が過ぎるかな、と思ったのですが、なんと本日のも牛肉ステーキでありました(苦笑)広い意味では焼き肉続きですね。。

 消費者庁は、本日、株式会社パークジャパン(岡山市北区)が運営する飲食店で提供する料理に関する表示について、景品表示法4条1項1号(優良誤認)に該当するとして措置命令を行いました。
 → 消費者庁サイト報道発表資料(PDF)

【違反事実の概要】

 パークジャパンが運営する飲食店「アメリカンステーキ ミスター・バーグ」において提供する霜降サーロインステーキ、健康ステーキ料理当について、店内メニュー、自社ウェブサイト、新聞折り込みチラシに、以下の表示を行った。

  1. 霜降ステーキ料理について、例えば、店内メニューにあっては、その写真を掲載するとともに、「霜降サーロインステーキ」等と表示。
  2. 健康ステーキ料理について、例えば、店内メニューにあっては、その写真を掲載するとともに、「「健康ステーキ」等と表示。

 しかし、霜降ステーキ料理に用いた牛肉は、牛脂を注入する加工を行ったものであり、健康ステーキ料理に用いた牛肉は、牛の横隔膜の部分の肉を食用のりで貼り合わせる加工を行ったものであった。
 これにより、一般消費者は、霜降ステーキ料理には「霜降り」といわれる一定の飼育方法に飼育方法により脂肪が細かく交雑した状態になった牛肉が用いられていると、また、健康ステーキ料理には牛の生肉の切り身が用いられていると、それぞれ誤認するものであり、これらの表示は、一般消費者に対し、実際のものよりも著しく優良であると示すものである。

【措置命令の概要】

  1. 前記表示は、一般消費者に対し、実際のものよりも著しく優良であると示すものである旨を周知徹底すること。
  2. 再発防止策を講じること。
  3. 今後、同様の表示を行わないこと。

« 焼き肉セットの等級についての不当表示(消費者庁) | トップページ | 「キュレーションの時代」(佐々木俊尚)一気読みしました。 »

法律」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183277/51032803

この記事へのトラックバック一覧です: 連日の牛肉の不当表示措置命令(消費者庁):

« 焼き肉セットの等級についての不当表示(消費者庁) | トップページ | 「キュレーションの時代」(佐々木俊尚)一気読みしました。 »