フォト

weathernews

ツイッターでつぶやく

無料ブログはココログ

« 電子タバコからニコチンが検出された(国民生活センター) | トップページ | ホメオパシー療法に関する日本学術会議談話 »

2010年8月19日 (木)

第1回インターネット消費者取引研究会(消費者庁)

 昨日(8/18)、消費者庁において、第1回インターネット消費者取引研究会が開催されました。この研究会は、インターネットを活用した消費者取引について、消費者の視点に立ち、事業者や行政の取組の在り方を整理するとともに、越境取引に係るグローバルな取組との連携について議論するなど、総合的な検討を実施する、とされており、① インターネット取引に係る消費者問題の現状と課題の整理、② 消費者の安全・安心の確保のための事業者、行政、消費者の取組のあり方、③ グローバルな視点を踏まえた国際的なトラブルの解決のあり方とそのための環境整備、を検討課題としています。

 → 消費者庁サイト 第1回インターネット消費者取引研究会

 構成メンバーは、以下の通り。

  岡村久道  弁護士・国立情報学研究所客員教授
  河村真紀子 主婦連合会 事務局次長
  岸  通  社団法人消費者関連専門家会議 常任理事
  岸原孝昌  一般社団法人モバイル・コンテンツ・フォーラム 常務理事
  桑子博行  電気通信サービス向上推進協議会 会長代理
  齋藤雅弘  弁護士
  沢田登志子 一般社団法人ECネットワーク 理事
  島貫和久  三菱UFJ ニコス株式会社 執行役員
  関 聡司  楽天株式会社 執行役員 広報渉外室室長
  長田三紀  特定非営利活動法人東京都地域婦人団体連盟 事務局次長
  野原佐和子 株式会社イプシ・マーケティング研究所 代表取締役社長
  別所直哉  ヤフー株式会社 CCO 法務本部長
  町村泰貴  北海道大学大学院法学研究科教授

 直接知っている方も何名かおられるようなので、今後の討議内容が楽しみです。

 第1回の内容について、傍聴された江口修治氏がブログ『PCとネットの雑記帳 [HIDEHARU's blog 2]』に2回に渡って傍聴記を書かれています。

 また、上記研究会メンバーの内、町村教授ブログ『Matimulog』に、沢田登志子さんもECネットワークのブログに、それぞれ報告を書かれていますので、ご参照下さい。

« 電子タバコからニコチンが検出された(国民生活センター) | トップページ | ホメオパシー療法に関する日本学術会議談話 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

法律」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183277/49192789

この記事へのトラックバック一覧です: 第1回インターネット消費者取引研究会(消費者庁):

« 電子タバコからニコチンが検出された(国民生活センター) | トップページ | ホメオパシー療法に関する日本学術会議談話 »