フォト

weathernews

ツイッターでつぶやく

無料ブログはココログ

« 『3D映画による体調不良』(国民生活センター) | トップページ | 拘置所での医療問題と「牢屋でやせるダイエット」(中島らも著) »

2010年8月13日 (金)

携帯音楽プレーヤー「iPod nano(第1世代)」のバッテリー過熱事故

 お盆ですね。私自身はあまり関係なく仕事してます。

 さて、今日(8/13)のニュースで、今朝、東急電鉄田園都市線を走行中の電車内で、携帯音楽プレーヤーの「iPod」(米アップル社製)から煙が出るという騒ぎがあったということです。幸い大したことはなかったようですが、社内に焦げ臭いにおいが立ち込めたようですね。

 現時点での報道では、この「iPod」の型式などは不明のようなので、以下の問題と直接の関係があるかどうかはわからないのですが、「iPod nano」という商品(第1世代)については、充電中に製品本体が焼損し、使用者が軽傷を負うなどの事故が多数発生しています。

 経済産業省によれば、重大製品事故6件を含む61件の製品事故が報告されているとのことです。
 → 経済産業省サイト 報道発表

 この問題については、7月28日付で、経済産業省が、消費生活用製品安全法に基づいて、アップルジャパン(株)に対して報告の徴収を行っており、同社の報告を経て、8月6日に同社に対して、今後の消費者に対する注意喚起及び再発防止の徹底について指示を行っています。詳細については上記リンク先の各資料をご覧下さい。この指示内容からすれば、アップルジャパン社の自社サイトに情報を出しておかねばならないのですが、あまり判りやすい場所ではありませんですね。
 → アップルサポート
 
「iPod nano (1st generation):バッテリーが過熱する特殊な事例について」

 ここでは、「ごくまれなケースとして 2005 年 9 月から 2006 年 12 月の間に販売された初代 iPod nano バッテリーが過熱を起こし、使用できなくなったり変形したりしていることを確認しました。」とされていますね。バッテリーの交換に応じるようです。この第1世代の商品をお持ちと思われる方は、このアップルのサイトで確認してみて下さい。

 なお、この問題については、消費者庁も、消費者安全法に基づいて、同様の調査、指示を行っています。
 → 消費者庁サイト 消費者事故情報

 なお、経済産業省消費者庁からの「消費者への注意喚起」は、次のようなものです。

「アップルジャパン株式会社が輸入した携帯型音楽プレーヤー iPod nano(第一世代)をお持ちの方は、機器の過熱にご注意ください。バッテリーが実際に過熱したり、バッテリーについて不安をお持ちの方は、アップルサポートに連絡し、バッテリー等の交換手続きを行ってください。」

« 『3D映画による体調不良』(国民生活センター) | トップページ | 拘置所での医療問題と「牢屋でやせるダイエット」(中島らも著) »

法律」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183277/49140483

この記事へのトラックバック一覧です: 携帯音楽プレーヤー「iPod nano(第1世代)」のバッテリー過熱事故:

« 『3D映画による体調不良』(国民生活センター) | トップページ | 拘置所での医療問題と「牢屋でやせるダイエット」(中島らも著) »