フォト

weathernews

ツイッターでつぶやく

無料ブログはココログ

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月の記事

2010年6月29日 (火)

隣接葬儀場に対するフェンス設置請求事件の最高裁逆転棄却判決

 いよいよ今夜はサッカーワールドカップの決勝トーナメントの日本vsパラグアイですね。楽しみです。

 さて、本日、葬儀場の目隠しに関する近隣住民からの請求についての最高裁判決がありました。早くも最高裁サイトに判決文が掲載されています。第3小法廷ですね。裁判官全員一致の意見です。(→共同通信記事

  平成22年6月29日 最高裁判決(破棄自判)

 この事件の1審京都地裁判決については、一昨年暮れに当ブログでも取り上げました。
 → 「隣接葬儀場に対してフェンス設置を命じた判決(京都地裁)」
                      (08/12/17)

 どうやら、控訴審の大阪高裁でも、この1審判決はそのまま維持されたようです。これに対して、今回の最高裁判決は、反対の判断を示して、近隣住民(原告、被上告人)の請求を全て棄却したものです。最高裁の判断理由部分を下記に引用しておきます。

  1.  前記事実関係等によれば,本件葬儀場と被上告人建物との間には幅員15.3mの本件市道がある上,被上告人建物において本件葬儀場の様子が見える場所は2階東側の各居室等に限られるというのである。しかも,前記事実関係等によれば,本件葬儀場において告別式等が執り行われるのは1か月に20回程度で,上告人は,棺の搬入や出棺に際し,霊きゅう車等を本件葬儀場建物の玄関先まで近付けて停車させているというのであって,棺の搬入や出棺が,速やかに,ごく短時間のうちに行われていることは明らかである。
     そして,本件葬儀場建物の建築や本件葬儀場の営業自体は行政法規の規制に反するものではなく,上告人は,本件葬儀場建物を建設することについて地元説明会を重ねた上,本件自治会からの要望事項に配慮して,目隠しのための本件フェンスの設置,入口位置の変更,防音,防臭対策等の措置を講じているというのである。
  2.  これらの事情を総合考慮すると,被上告人が,被上告人建物2階の各居室等から,本件葬儀場に告別式等の参列者が参集する様子,棺が本件葬儀場建物に搬入又は搬出される様子が見えることにより,強いストレスを感じているとしても,これは専ら被上告人の主観的な不快感にとどまるというべきであり,本件葬儀場の業が,社会生活上受忍すべき程度を超えて被上告人の平穏に日常生活を送るという利益を侵害しているということはできない。

     そうであれば,上告人が被上告人に対して被上告人建物から本件葬儀場の様子が見えないようにするための目隠しを設置する措置を更に講ずべき義務を負うものでないことは,もとより明らかであるし,上告人が被上告人に対して本件葬儀場の営業につき不法行為責任を負うこともないというべきである。

2010年6月23日 (水)

優越的地位濫用に関するガイドラインについての意見募集(公取委)

 独占禁止法の改正案(審判手続の廃止等)について、当ブログでも触れていましたが、この国会情勢の中で先送り(衆議院にて閉会中審査)になってしまっています。
 → 「審判手続廃止の改正法案、閣議決定(独禁法)」(3/12)

 さて、独占禁止法関連では、本日、公正取引委員会から、「優越的地位の濫用に関する独占禁止法上の考え方」というガイドラインの原案が公表されて意見募集(パブコメ)が出されています。意見の提出期限は、8月6日(金)18:00(必着)となっています。

 → 同ガイドライン原案に対する意見募集について(PDF)
 → 同ガイドラインの原案(PDF)
 → 「原案のポイント」(PDF)

 「優越的地位の濫用」は、独占禁止法で禁止されている「不公正な取引方法」の一つで、従来は、いわゆる「一般指定」の一つとして禁止されていたものでしたが、昨年の法改正により、独占禁止法2条9項5号の法律上の禁止行為となったものです。

 【独占禁止法2条9項5号】
 自己の取引上の地位が相手方に優越していることを利用して、正常な商慣習に照らして不当に、次のいずれかに該当する行為をすること。
 イ 継続して取引する相手方(新たに継続して取引しようとする相手方
  を含む。ロにおいて同じ。)に対して、当該取引に係る商品又は役務
  以外の商品又は役務を購入させること。
 ロ 継続して取引する相手方に対して、自己のために金銭、役務その他
  の経済上の利益を提供させること。
 ハ 取引の相手方からの取引に係る商品の受領を拒み、取引の相手方か
  ら取引に係る商品を受領した後当該商品を当該取引の相手方に引き取
  らせ、取引の相手方に対して取引の対価の支払を遅らせ、若しくはそ
  の額を減じ、その他取引の相手方に不利益となるように取引の条件を
  設定し、若しくは変更し、又は取引を実施すること。

 そして、この昨年の改正法によって、これに該当する行為であって、一定の条件を満たすものについて、公正取引委員会は、課徴金の納付を命じなければならないことになりました。

 このように違反行為に対する制裁が重くなったこともあり、法運用の透明性、事業者の予見可能性を向上させる観点から、今回、公正取引委員会が、上記のガイドラインを策定しようとしているものです。

2010年6月19日 (土)

平成23年新司法試験実施日程等に関するパブコメ

 また、ブログ更新が遅くなっていてすみません。
 サッカーのワールドカップ南アフリカ大会も、初戦に日本がカメルーンに勝って盛り上がってきました。今夜は、強豪オランダとの試合で、勝てば決勝進出がかなり濃厚になりますので、可能性の高低は別として応援したいですね。
 また、世間で話題になっているiPadについては、既に入手している弁護士さんも結構おられ、Twitter上でも、いろいろな使用報告を読ませて頂いています。ちょっとうらやましいところですが、私は、androidタブレット端末が出そろうまで、(今の所は)ひたすら我慢する予定です。

 さて、司法試験委員会から、来年度(平成23年度)の新司法試験からの実施日程等の変更案について、意見募集(パブコメ)が出されています。

 → 平成23年新司法試験の実施日程等に関する意見募集の実施について

 内容は、

  1. 論文式試験の民事系科目の問題数の変更
     これまでの2問(100点配点1問と200点配点1問)から、3問(いずれも100点配点)に変更する、というもの。
  2. 論文式試験の必須科目の試験時間の変更
     これまで午後については2問合わせて4時間だったのを、問題毎に2時間毎に分割する、というもの。

 実施日程の具体的な案は、上記リンク先の添付資料の実施日程イメージ(PDF)をご覧ください。

 現在の司法試験の方式自体、私が受験した当時のものと相当変わっていますので、私からコメントはしにくいのですが、民事系の200点配点の大問がなくなったという点で受験対策には影響が出るのかもしれません。

【追記】(6/19)
 200点配点の問題は「大々問」というのですね。知りませんでした。
  → matimulog「Bar-exam:大々問方式の終焉」

 

2010年6月12日 (土)

「はやぶさ」帰還(JAXA)

 先日書きましたミニノートPCの修理が終わり、無事に保証期間内で無料修理ができました。そのPCでこれを書いています。メインボード交換となりましたが、幸い、ハードディスクは無事でプログラム、データは消えずに済みました。ありがたいことでした。このこともあって(言い訳ですが)、ブログ更新が1週間以上とまっておりました。すみませんです。

 昨日から、サッカーワールドカップが始まり、今も、韓国-ギリシャ戦を横目にして書いています(韓国勝ちそうですが)。しばらく、これでもちきりになりそうです。あの応援の「ブブゼラ」は、オッサンにも聞こえるモスキート音でちとうるさいですね。

 それはそれとして、明日13日深夜には、いよいよ、「はやぶさ」が帰ってきます。新聞などでも取り上げられていますし、詳しくは省略しますが、満身創痍で帰還が困難な中で、日本の技術者たちがここまで持ってきた奇跡的な帰還です。
 今、「はやぶさ」が帰ってきます、と書きましたが、本体は大気圏突入で地球を目前にして燃え尽きます。探査してきた「イトカワ」の資料を収容していると見られるカプセルだけが戻ってきます。このことだけでも、私は涙ものだと思うのですが。

 JAXA「ハヤブサ」帰還の公式ページは → こちら

 ちょうど、先日、金星探査の「あかつき」や宇宙ヨット「IKAROS(イカロス)」が打ち上げられたところです。日本のロケット打上技術もずいぶん進歩しました。

 なお、ツイッターでも、それぞれに素晴らしい言葉を贈ってくれています。特に、宇宙ヨットの帆を拡げるのに成功したばかりの「IKAROS(イカロス)」くんのtweetは泣けますよ。
 ツイッター・アカウントは次の通り。

 「はやぶさ」 @Hayabusa_JAXA

 「イカロス」 @ikaroskun

 「あかつき」 @Akatsuki_JAXA

 イトカワからの採取資料が、回収されるカプセルに入っているかどうかは心配ですが、ここまで来た日本の技術(者)に敬意を表したいと思います。目に見える即効的な経済効果を生み出さないとしても、科学技術に対する予算のむやみな削減は反対です。

 小惑星に到達して、地球に帰ってくるというのは、アメリカですら成し遂げたことのない成果です。JAXAの皆さん、よろしくお願いします。

【追記】(6/14 AM0:05)
 約2時間前、はやぶさは大気圏に突入しました。燃え尽きる際に空が明るくなった映像は、ニコニコ動画やustreamでネット中継されました。アクセスが多くて私は観ることができませんでしたが、すぐに録画映像が流されましたので観ることができました。また、読売や朝日などでも数分間露光による美しい写真が配信されています。これらの情報もツイッターで皆さんが流しておられます。
 はやぶさの技術者たちの偉業とともに、ネットによる情報伝達の素晴らしさを体験することができました。どこの既存テレビ局も中継等はしておらず、他国のサッカー試合を流していることに、批判的な意見も多いようですね。

 ツイッターの流速が速すぎて誰も相手にしてくれなかった私のtweetを記念に残しておきます(苦笑)
「はやぶさのカプセルから回収された石器状の破片は、「山形県袖原三遺跡」で発見された旧石器の切断面と一致した。(嘘)

(AM0:20)
 はやぶさのカプセルは、大気圏突入前に予定通り分離され、その後、カプセルから発信されるビーコンも確認されたようです。さらに、JAXAの発表によると、着地予定のオーストラリアでヘリコプターによって、目視確認されたとのことです。

2010年6月 3日 (木)

新・旧の司法試験の短答式試験の結果発表(法務省)

 昨日は横浜の弁護士さんが刺殺されるという痛ましい事件がありました。謹んでご冥福をお祈りいたします。どういう経緯があったかはわかりませんが、このような事件は絶対に許されません。

 さて、行政府、立法府が混乱しております中、司法界はといえば、本日、平成22年度司法試験短答式試験の結果発表が、新、旧の両試験ともありました。恒例ですので、道しるべ的に法務省サイトにリンクを貼っておきますね。合格された方、おめでとうございます。

 → 法務省サイト
   ○ 「平成22年度旧司法試験第二次試験短答式試験の結果」

   ○ 「平成22年新司法試験(短答式試験)の結果」(PDF)

 概要的には、受験者数8,163人(途中欠席73人)で、短答式試験の各科目において、満点の40%点(公法系科目40点,民事系科目60点,刑事系科目40点)以上の成績を得た者のうち、各科目の合計得点が215点以上の成績を得たものが短答式試験の合格に必要な成績を得た者とされています。この短答式試験合格に必要な成績を得た者が、5,773人(平均点248.8点)です。

 合格者の年齢別構成は、平均年齢が30.8歳、最高年齢が66歳、最低年齢が24歳です。また、性別では、男性が4,332人〔75.04%〕、女性が1,441人〔24.96%〕となっています。

 で、いつもの通り、その内、新司法試験の法科大学院別合格者数を貼り付けておきたいと思います。どうも、五十音順のようで見にくいですが。。。(出願者数、受験予定者数の発表もありましたが、受験者数と合格者数のみにしています。)

  法科大学院名    受験者 短答式合格者

愛知学院大法科大学院     34       12
愛知大法科大学院         44        33
青山学院大法科大学院     83      49
大阪学院大法科大学院     55      26
大阪市立大法科大学院   119       87
大阪大法科大学院        180      145
大宮法科大学院大学      118          55
岡山大法科大学院          53      29
香川大法科大学院          52          29
学習院大法科大学院       94          85
鹿児島大法科大学院       31          17
神奈川大法科大学院       53          39
金沢大法科大学院          54          40
関西大法科大学院         220       155
関西学院大法科大学院   182        124
関東学院大法科大学院    55          32
九州大法科大学院         175        119
京都産業大法科大学院    74          34
京都大法科大学院         277        236
近畿大法科大学院          57          39
熊本大法科大学院          34          21
久留米大法科大学院       51          27
慶應義塾大法科大学院   355       310
甲南大法科大学院         110        66
神戸学院大法科大学院     39        18
神戸大法科大学院         144       118
國學院大法科大学院        68        34
駒澤大法科大学院           68        39
静岡大法科大学院           37        24
島根大法科大学院           29        12
首都大東京法科大学院    101        77
上智大法科大学院         168       128
信州大法科大学院           41        16
駿河台大法科大学院        92        33
成蹊大法科大学院           93        56
西南学院大法科大学院     72        37
専修大法科大学院           97        73
創価大法科大学院           92        60
大東文化大法科大学院     47        28
千葉大法科大学院           69        62
中央大法科大学院          439       377
中京大法科大学院           42        30
筑波大法科大学院          43        30
桐蔭横浜大法科大学院     83        45
東海大法科大学院          55        21
東京大法科大学院          411       356
同志社大法科大学院       262       195
東北学院大法科大学院      39       27
東北大法科大学院          159       133
東洋大法科大学院           77        50
獨協大法科大学院           81        40
名古屋大法科大学院       139       103
南山大法科大学院           73        44
新潟大法科大学院           82        40
日本大法科大学院          163        92
白鴎大法科大学院          35         22
一橋大法科大学院          138       116
姫路獨協大法科大学院      30          9
広島修道大法科大学院      60       33
広島大法科大学院            77       53
福岡大法科大学院            36       25
法政大法科大学院          165       119
北海学園大法科大学院      31       22
北海道大法科大学院       144       125
明治学院大法科大学院      87       57
明治大法科大学院          335       254
名城大法科大学院           50        30
山梨学院大法科大学院     51        39
横浜国立大法科大学院     89        58
立教大法科大学院          116       75
立命館大法科大学院       249       164
琉球大法科大学院           38        30
龍谷大法科大学院           70        44
早稲田大法科大学院       397       291

      総     計             8163    5773

2010年6月 2日 (水)

パソコンが壊れてしまったので・・・・

 鳩山首相辞任のニュースは、10時前の電車の中で、ツイッターで知りました。参議院議員選挙の直前でこれからあわただしくなりそうですね。野口さんの宇宙からの無事帰還のニュースでさえ、小さく扱われそうです。
 また、今日の午後には、横浜で、男性の弁護士さんが事務所内で刺殺されるという痛ましい事件も飛び込んできました。事件の詳細については不明ですが、ご冥福をお祈りいたします。

 こんな大きな事件が相次ぐ中で恐縮ですが、私が普段持ち歩いていて自宅でも使用していたミニノートパソコンが起動しなくなり、昨日、入院させました。そのため、ますますブログ更新が大変になりそうです。何とか、頑張りますが、仕事もありますので、ご容赦ください。

 ということで、ここ数日の話題集のみ。

 公正取引委員会関係では(詳しくは公取委サイトで)、

5月28日 川田建設株式会社ほか7社に対する同意審決について
      (福島県が発注するプレストレスト・コンクリートによる橋
       梁の新設工事入札談合)

5月28日 ピーシー橋梁株式会社ほか7社に対する同意審決について

      (国土交通省近畿地方整備局が発注するプレストレスト・コ
       ンクリートによる橋梁の新設工事入札談合)

5月28日 川田建設株式会社ほか7社に対する同意審決について
      (国土交通省関東地方整備局が発注するプレストレスト・コ
       ンクリートによる橋梁の新設工事入札談合)

5月28日 新明和工業株式会社に対する課徴金の納付を命ずる審決について
      (東京都が発注する下水道ポンプ設備工事の入札談合)

5月26日 大規模小売業者と納入業者との取引に関する実態調査報告書

5月26日 平成21年度における独占禁止法違反事件の処理状況について

 総務省からは、5月26日に、「利用者視点を踏まえたICTサービスに係る諸問題に関する研究会」第二次提言の公表がなされています。この中の「DPI技術を活用した行動ターゲティング広告」に関して、朝日新聞が記事や社説で取り上げていましたね。これについては、いろいろな問題が含まれていると思いますので、もう少し勉強してみようと思います。
 → 総務省サイト 報道資料

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »