フォト

weathernews

ツイッターでつぶやく

無料ブログはココログ

« 高齢者への短歌・俳句の掲載料商法(国民生活センター) | トップページ | 国民生活センター理事長に野々山宏弁護士 »

2010年4月14日 (水)

XPERIAを買いました。

 twitterなどを見ていると、アイフォンを利用している人がたくさんいて、いいなぁと思いつつ、長年のDOCOMO利用者の私としては様子を見ていました(ソフトバンクさんを相手に裁判してたからというわけでもないですが)。でも、DOCOMOがとうとうXPERIAを出したので、先週とうとう買ってしまいました。DOCOMOショップなどでは早々に品切れでしたが、ヨドバシで、白色のみ売れ残ってました。本当は黒が欲しかったのですが、使ってみると白もそれなりにいいです。

 アプリ(ソフトウェア)をインストールして使うという、基本的にはパソコン同様の利用になるので、iモードのように誰でも簡単にというわけにはいきませんが、パソコン好きの人には面白い道具ですね。メールやTwitterも読みやすくなりました。ただ、使用しているソフトでは、メールの振り分けができず、そこが今の所一番の不満です。

 それと問題は、携帯専用サイトを閲覧できなくなったので、これまで良く利用していたいくつかのサービスが使いにくくなりました。銀行などもそうなのですが、特に新幹線のエクスプレス予約が携帯サイトでは簡単に予約や変更ができたのに、これが使えないのが不便です。通常のWebサイトをブラウザで見て操作できなくもないとはいえ、画面が小さく操作しにくく、携帯サイトのようにサクサクと使えるというわけにはいきません。これについても、Twitter経由で教えてもらって、ブラウザを標準のものからOperaMiniに変えてみると何とか使えるようにはなったのですが。もっとも、エクスプレス予約向けのアプリもあるようですが、今の所いろいろ不具合もあるような評判なので様子見をしているところです。

 こういった問題は、実は、昔からのパソコン好きには、逆にマゾ的な楽しみでもあって、苦労して目的を達成できたときの嬉しさも捨てがたいところです。しかし、そういったマニアックな観点は別として、今回のスマートフォン切り替えで、iモード契約を解約して使えなくなってみると、メールも含めて、iモードが万人向けに使いやすいという観点からは大変優れたサービスであることを改めて実感できました。

 なお、iモードのメールを読むことのできるアプリもあるので(それでも専用サイトは見られませんが)、これを利用するならば、iモードを継続する手はあるようです。ただ、いろいろと月額の別料金が必要です。

 あと、電話として使うときに、XPERIAの10センチちょっとの長さでは、上を耳に近づけると、下を口に近づけることは不可能です。もちろん、その状態で話せるようにできているはずですが、受話器が耳と口に物理的に対応していないと、本当に聞こえているのか、古い人間には相当な不安な心理があるのです(苦笑)

 というわけで、本題はプロバイダ責任制限法の最高裁判決2件を書くつもりでしたが、マクラだけで長くなりましたので、ひとまず、これで終了、と。

« 高齢者への短歌・俳句の掲載料商法(国民生活センター) | トップページ | 国民生活センター理事長に野々山宏弁護士 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183277/48082958

この記事へのトラックバック一覧です: XPERIAを買いました。:

« 高齢者への短歌・俳句の掲載料商法(国民生活センター) | トップページ | 国民生活センター理事長に野々山宏弁護士 »