フォト

weathernews

ツイッターでつぶやく

無料ブログはココログ

« 写真の職務著作性に関する知的財産高裁判決 | トップページ | DS集団訴訟第1回弁論期日だったので »

2010年1月27日 (水)

電力用電線等業者に対する排除措置命令・課徴金納付命令(公取委)

 本日、公正取引委員会から報道発表3件がありますが、内2件は、貨物運送事業者(諸星運輸、コイズミ物流)の下請法違反(不当減額)に対する勧告事件です。

 で、本題。本日、公正取引委員会は、東京電力株式会社などの電力会社8社が発注する特定電力用電線等の見積り合わせ又は競争入札の参加業者3社に対して、独占禁止法3条(不当な取引制限の禁止)に違反するとして、排除措置命令7件、課徴金納付命令21件を行いました。
 → 公取委サイト報道発表資料

 本件では自主申告による課徴金減免制度(リニエンシー)により、3社とも減額の措置を受けています。詳しくは下記リンク先へ。今回は、公取委の立入調査開始後の自主申告のため、30%減額が適用されたようですね。
 → 課徴金減免制度適用事業者公表ページ

 対象業者及び課徴金額は、

 株式会社エクシム(東京都港区)
         課徴金額 25,157万円
 株式会社ジェイ・パワーシステムズ(東京都港区)
         課徴金額 22,810万円
 株式会社ビスキャス(東京都品川区)
         課徴金額 15,334万円
           課徴金合計 63,301万円 

【違反行為の概要】
 上記3社は、特定電力用電線等ごとに、それぞれ、共同して、受注価格の低落防止等を図るため、受注予定者を決定し、受注予定者が受注できるようにすること等により、公共の利益に反して、それぞれの特定電力用電線等の取引分野における競争を実質的に制限していた。

« 写真の職務著作性に関する知的財産高裁判決 | トップページ | DS集団訴訟第1回弁論期日だったので »

法律」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183277/47404867

この記事へのトラックバック一覧です: 電力用電線等業者に対する排除措置命令・課徴金納付命令(公取委):

« 写真の職務著作性に関する知的財産高裁判決 | トップページ | DS集団訴訟第1回弁論期日だったので »