フォト

weathernews

ツイッターでつぶやく

無料ブログはココログ

« 法制審・民法(債権関係)部会の第2回会議(法務省) | トップページ | 種子の価格カルテル事件の課徴金納付審決(公取委) »

2010年1月13日 (水)

DS集団訴訟被告サイトが事実上の閉鎖?

 昨年秋に原告数名にて集団訴訟を提起した悪質ドロップシッピング商法被害事件は、大阪地裁での第1回口頭弁論期日が1月27日に予定されているのですが、先程確認したところ、被告会社ウインドのwebサイトのトップが、「現在、新規募集は致しておりません。」との記載だけになっており、事実上サイトが閉鎖されています。

 それ以上の情報は確認できておりませんが、ひとまずご報告まで。

 なお、同社から訴訟についての答弁書は昨日現在では受領していません。

 また、ウインドとは別会社ですが、同じく五反田にあったドロップシッピング運営業者のアースは、昨年末に事業を停止しています。

【追記】(1/21)
 被告ウインドからの答弁書が先日提出されました。代理人弁護士も付かれています。

« 法制審・民法(債権関係)部会の第2回会議(法務省) | トップページ | 種子の価格カルテル事件の課徴金納付審決(公取委) »

法律」カテゴリの記事

裁判」カテゴリの記事

コメント

会社が倒産すればどうなるのですか?

http://www.hou-nattoku.com/lawyers/lawyer_detail.php?lawyer_id=16304

倒産した、という情報は現時点ではありません。追記にも書きましたが、答弁書は提出されています。

突然恐れ入ります。
私も㈱ウインドに騙され五十万の被害がある身です。
現在、ウインド社に対する集団訴訟等はなされていますでしょうか。私も加わることができるでしょうか。

お忙しいとは存じますが、ご返答いただければ幸いです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183277/47280646

この記事へのトラックバック一覧です: DS集団訴訟被告サイトが事実上の閉鎖?:

« 法制審・民法(債権関係)部会の第2回会議(法務省) | トップページ | 種子の価格カルテル事件の課徴金納付審決(公取委) »