フォト

weathernews

ツイッターでつぶやく

無料ブログはココログ

« 罰金刑確定による価格カルテル課徴金の減額審決(公取委) | トップページ | 平成21年度旧司法試験合格者発表(法務省) »

2009年11月13日 (金)

初の景表法処分はファミマ「カリーチキン南蛮」(消費者庁)

 景品表示法公正取引委員会から消費者庁に移管されましたが、その移管後初めての措置命令が10日に出ていました。これまで公取委サイトの報道発表をチェックしてたのですが、消費者庁サイトに公表されたのを見落としていました。発表の形式も、公取委時代とちょっと変わりました。
 記念すべき消費者庁の景表法措置命令の第1号は、コンビニのファミリーマートとなりましたね。
 なお、新しい景品表示法パンフレット「だから安心!景品表示法」も掲載されましたですね。 → 〔前半部分〕〔後半部分〕(PDF)

 消費者庁は、11月10日、株式会社ファミリーマート(東京都豊島区)に対し、景品表示法4条1項1号(優良誤認)に違反するとして措置命令(別添参照)を行いました。
 → 消費者庁サイト報道発表(PDF)

【違反事実の概要】

 対象商品  「カリーチキン南蛮」と称するおにぎり
 表示期間  平成21年6月11日ころから同月16日ころまで
 表示媒体  当該おにぎりの包装袋に貼付したシール(別紙)
 表示内容  「国産鶏肉使用」と記載することにより、あたかも、当該おにぎ
       りの原材料に我が国で肥育された鶏の肉を用いているかのように
       示す表示
 実  際  当該おにぎりの原材料にブラジル連邦共和国で肥育された鶏の肉
       を用いていた。

【命令の概要】

ア 前記表示は、一般消費者に対し、実際のものよりも著しく優良であると示すも
  のである旨を公示すること。

イ 再発防止策を講じて、これを役員及び従業員に周知徹底すること。

ウ 今後、同様の表示を行わないこと。

« 罰金刑確定による価格カルテル課徴金の減額審決(公取委) | トップページ | 平成21年度旧司法試験合格者発表(法務省) »

法律」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183277/46754919

この記事へのトラックバック一覧です: 初の景表法処分はファミマ「カリーチキン南蛮」(消費者庁):

« 罰金刑確定による価格カルテル課徴金の減額審決(公取委) | トップページ | 平成21年度旧司法試験合格者発表(法務省) »