フォト

weathernews

ツイッターでつぶやく

無料ブログはココログ

« 新聞・テレビ消滅と世界陸上 | トップページ | 時効中断のための破産会社(同時廃止)に対する債務確認訴訟についての2判決(名古屋高裁) »

2009年8月22日 (土)

Twitter(ツイッター)に関してちょっと整理してみた

 ここ最近Twitterの日本での登録者が急増し、私もその一人です。結構、著名な弁護士さんを含む法律関係ブロガーの方も入っておられるようですね。
 で、私もちょこっと経験してみたところで、一度法的論点でも整理してみようかと思った次第。といっても、思いつき程度のメモ書きですが。なお、本来は、登録時の規約をちゃんと確認して、それを踏まえて書くべきですが、ここではあまり見ておりませんのでご了承ください。何かのたたき台にでもしていただければ幸いです。

 まず、基本的には、2ちゃんねるで代表されるような大衆向け掲示板と同様に考えればよいと思われます。

 プロバイダ責任制限法の発信者開示請求の問題は、ツイッター社の組織的なところがわかりませんので省略ですが、アメリカ本社が相手だと面倒なのかもしれませんね。サイト上の連絡先はアメリカです。

 従来の2ちゃんねるなどの掲示板と違うのは、少なくともユーザーの意識としては、つぶやき(tweet、投稿)が時間の経過で流れていく感じなので、文字数の少なさとも相まって、無責任な発言がなされやすい点があります(その書きやすさが人気の原因の一つですね。)。他の掲示板のようにテーマ別に発言するものではないことも安易な発言を招きやすくしているかもしれません。また、少なくとも現状では、発言に対して、総攻撃を受けるようなことも少なそうですし。
 このような特性からみて、確かに2ちゃんねる型の掲示板よりは他者の被害の発生、拡大の可能性は少ないのかもしれません。 しかし、実際には、発言が時間の経過で流れていく訳ではなく、「お気に入り」その他の機能により記録が残されたり、転送(RT)やふぁぼったーなど他の場への紹介の可能性もあり、また、(次のライフログの問題とも関係しますが)悪意ある者によって特定人の発言の記録を残しておいて後日・・・・・という怖いケースも十分想定できます。
 したがって、つぶやくだけだからいいや、と思って他人の誹謗中傷などに当たる投稿をした場合に、思わぬ被害を発生させるなどの問題もありえますので、従来の掲示板での発言同様に十分注意をする必要があります。

 それに、「おはようございます」「昼はどこで何を食べました」「仕事終わったので誰それとどこで飲んでます」「こんなこと考えてます」「おやすみ」などというつぶやきを続けると、それぞれは単なる断片的な無駄な情報でも集積されればいわゆる「ライフログ」であり、発言者が特定されれば、問題が発生する危険性もあります。実名を出していない場合には大丈夫ともいえません。他の情報を集めれば、匿名の発言者を特定することが可能なケースは少なくないと思われます。特にネット上に多くの投稿などの情報を出している者については。
 こういったライフログは、図書館の閲覧記録よりやばいかもしれませんし、防犯上の問題だってありますね。また、企業が取引先や人事関係で、これらの記録を検索して調査する問題についての意見は、今日のTwitter上でも見かけました。なお、米国の企業の人事部門についての記事が、ブログ「企業法務マンサバイバル」の本日付記事で紹介されています。企業でなくても、婚約相手が調査に使うというようなことも考えられる・・・Twitterだけに限らないものですがネット時代の新しい人権問題です。
 とすれば、若いうちから(小中学生から)安易な書き込みを行うことの危険性を教え込んでおかなければならないというネット教育の重要性もますます出てくるなぁ。それと若い女性を中心としてストーカーその他の犯罪を誘発する危険を忘れてはいけませんね。

 また、当然ながら著作権問題もあります。ただ、記事自体が140字以内と短いので通常の掲示板よりは問題は少ないかもしれません。また、RTやふぁぼったーなどによる転送の慣習では、投稿がコピーされるのが前提ですが、慣習上、転送は承諾されているものと見るのでしょうか。だとしても、無制限な複製や頒布、改変までは承諾されていないとすべきでしょう。でなければ、ツイッター小説(Twnovel)を集めて出版するなどということも可能となってしまいかねません。

 他にも、先日問題となったウイルスの問題やら、商業利用などに関していろいろありそうですが、ひとまずこんな所で。書き散らしですので、突っ込みどころは多いかもしれませんが、悪しからず。

【追記】(8/22)
 大事な問題をちょっと書き忘れてました。
 ツイッター社およびTwitterのシステムのセキュリティの問題です。これはGoogle社その他でもネットではいつものことですが。
 それと、ツイッター社がどうやって利益をあげようと考えているのかがよくわからん所です。広告はないし。商業利用しているところとの商売はあるとしても、その構造がわからないというのでは、一般利用者としては不安。また、喜んで使わせて山のような情報を集めて、まるごと、あんな会社や、そんな国に売って儲けるとか・・・・いや、そもそもFBIのフロント企業(?)だったりして・・・・こんなの考えてたら、やっぱりネット使うには覚悟がいるな。

【追記の追記】(8/24)
 さっき気づいたのですが、「2チャンネル」になってましたね。修正しときました。

« 新聞・テレビ消滅と世界陸上 | トップページ | 時効中断のための破産会社(同時廃止)に対する債務確認訴訟についての2判決(名古屋高裁) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

法律」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183277/45998623

この記事へのトラックバック一覧です: Twitter(ツイッター)に関してちょっと整理してみた:

« 新聞・テレビ消滅と世界陸上 | トップページ | 時効中断のための破産会社(同時廃止)に対する債務確認訴訟についての2判決(名古屋高裁) »