フォト

weathernews

ツイッターでつぶやく

無料ブログはココログ

« 公正取引委員会サイトから | トップページ | 「天使のスィーツ」と「エンゼルスィーツ」の知財高裁判決(商標権) »

2009年7月 3日 (金)

Googleブック検索についての米司法省調査(続報)

 Googleのブック検索サービスに関連して著作権者らとのクラスアクションでの和解については、このブログでも何度か触れてきました。
 そのうち今年の5月5日に「Googleブック検索の和解案に関して2題(米司法省調査・日本の著者対応)」という記事で紹介した米司法省の調査についての報道が読売でありました。司法省が、独占禁止法違反関連で正式な調査を始めたことを7月2日に明らかにした、というものです。

 司法省の広報によれば、この和解について「独占禁止法規制当局は、デジタル書籍の知的財産権と流通に関して非競争的な手段が用いられた可能性を調査している」とのことで、独占禁止法関連の調査だから当然の内容であり、以前の記事以上に目新しい内容もないのですが、ただ、調査していることを司法省自体が公式に認めたという点の値打ちでしょうか。

 なお、この読売の記事によれば、著作者が和解案に参加するかどうかを選択する期限を当初予定されていた5月から9月へと4ヶ月間延長したとのことで、この和解案についての最終審理を10月に予定している、とのことですね(既報のようですが)。

 今見たところでは、日経も報じてました。

« 公正取引委員会サイトから | トップページ | 「天使のスィーツ」と「エンゼルスィーツ」の知財高裁判決(商標権) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

法律」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183277/45524564

この記事へのトラックバック一覧です: Googleブック検索についての米司法省調査(続報):

« 公正取引委員会サイトから | トップページ | 「天使のスィーツ」と「エンゼルスィーツ」の知財高裁判決(商標権) »