フォト

weathernews

ツイッターでつぶやく

無料ブログはココログ

« 消費者庁関連法案の両院特別委の附帯決議(2) | トップページ | DIY商品大規模小売業者による納入業者への優越的地位濫用(公取委) »

2009年6月18日 (木)

防衛省(空自)発注の事務家具談合の疑いで立入検査(公取委)

 梅雨入りしたというのに全然雨が降りませんね。夏の渇水が心配です。少なくとも、私のまわりでは、オタマジャクシも降ってきません。

 さて、午後になってから各社が一斉に報じているところによれば、防衛省が発注した航空自衛隊の事務机やロッカーなどの家具の入札に関する談合の疑いで、公正取引委員会が、本日、イトーキ(大阪市)、コクヨファニチャー(大阪市)、内田洋行(東京都中央区)、ライオン事務器(東京都中野区)、プラス(東京都港区)、岡村製作所(横浜市)のメーカー6社と販売業者5社に立入検査を行ったとのこと。航空自衛隊木更津基地十条基地にも立ち入ったようです。

 また、自衛隊のOBが各企業に就職しているらしく、自衛隊側の関与=官製談合の疑いもあるようです。なお、年間発注額は20~30億円。

【追記】(6/18)
 防衛省の会見内容の報道によれば、この件は、防衛省の内部調査の結果、各社のシェアが固定しているなど不審点を把握して5月に公正取引委員会に通報したようですね。
 先日のニッスイの冷凍コロッケ(ズワイガニ)もそうですが、こういった当事者の内部調査の結果を、きちんと公取委に連絡しているといった対応は、それなりに評価すべきかと思います。

« 消費者庁関連法案の両院特別委の附帯決議(2) | トップページ | DIY商品大規模小売業者による納入業者への優越的地位濫用(公取委) »

法律」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183277/45377476

この記事へのトラックバック一覧です: 防衛省(空自)発注の事務家具談合の疑いで立入検査(公取委):

« 消費者庁関連法案の両院特別委の附帯決議(2) | トップページ | DIY商品大規模小売業者による納入業者への優越的地位濫用(公取委) »