フォト

weathernews

ツイッターでつぶやく

無料ブログはココログ

« 『英検』受験用書籍についての不当表示(景表法) | トップページ | 独占禁止法改正案ようやく可決成立 »

2009年6月 2日 (火)

NTT東日本の私的独占公取委審決に対する取消訴訟判決(東京高裁)

 平成19年3月26日に、戸建て住宅向けのFTTHサービスに関するNTT東日本私的独占行為に対して、公正取引委員会が独占禁止法違反の違法宣言の審判審決を行い、それに対して、NTT東日本が東京高裁に審決取消訴訟を提起したことは、以前当ブログでも取り上げました。
 → 公取委サイト報道発表資料
 → 「NTT東日本に対する審判審決」(07/4/16)
 → 「NTT東日本が審決取消訴訟を提起」(07/5/9)

 で、この審決取消訴訟の判決が、先日(5/29)、東京高裁で言い渡されました。結果は、請求棄却でNTT東日本の敗訴。中身は詳しくわからないのですが、そのうち、いろいろと評釈が出てくることと思います。泉水教授のブログで少しだけ触れておられました。

 ところで、今日報道されたところによると、NTT東日本NTT西日本に納入する光ファイバー用ケーブルなどに関して、本日、公正取引委員会は、メーカー4社(古河電気工業、住友電気工業、フジクラ、アドバンスト・ケーブル・システムズ)カルテルを結んでいる疑いがあるとして、各社に立入検査に入った、ということです。上の話と直接の関係はもちろんありませんけど、NTTの光ファイバーつながりのニュースです。

【追記】(6/7)
 この審決取消訴訟の判決が公取委サイトに掲載されたので、別記事にて、簡単に紹介しておきます。
 → 「NTT東日本FTTHサービス審決取消訴訟判決(続報)」(6/7)

« 『英検』受験用書籍についての不当表示(景表法) | トップページ | 独占禁止法改正案ようやく可決成立 »

法律」カテゴリの記事

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183277/45216321

この記事へのトラックバック一覧です: NTT東日本の私的独占公取委審決に対する取消訴訟判決(東京高裁):

« 『英検』受験用書籍についての不当表示(景表法) | トップページ | 独占禁止法改正案ようやく可決成立 »