フォト

weathernews

ツイッターでつぶやく

無料ブログはココログ

« 改正法案等審議状況まとめ(独禁法、著作権法、消費者庁関連) | トップページ | 「犬・猫用ペットフードの安全性に関する相談」(国民生活センター) »

2009年5月14日 (木)

違法ダウンロードについての「スリーストライク法案」可決(フランス)

 前回の記事で、著作権法改正案の衆議院通過に触れましたが、この改正案の内容については、3月に書きました。
 → 「著作権侵害コンテンツのダウンロードの違法化など(著作権法改正案)」
    (3/19)

 この問題について、フランスの議会で厳格な対策法案が可決されたことが報じられています。サルコジ大統領の署名によって成立とのことですが、もともとサルコジ大統領が推進していた法案らしいので成立する見通しのようです。
 → ITmedia
  「違法DLでネット切断の「スリーストライク法案」、仏議会で可決」

 これは、違法ダウンロードユーザーに2度警告し、3度目の違反でそのユーザーのネット回線を切断するらしく、それで「スリーストライク法案」(フランス語じゃないですよね?)と呼ばれているようです。
 国の機関によって、違法ダウンロードユーザーの身元を突き止めて警告し、3回違反すると、最高で1年間インターネット接続を停止されたり、ブラックリストに載せられて、別のプロバイダへの移行などが制限されるようです。
 やはり、フランスでも、この法案についてはいろいろと意見があるようです。4月には、いったん議会の最終票決で否決されていたようです(どうも、賛成派の油断を突いてのドタバタだったようですが)。今回はその再議決らしい。
 この否決のニュースについては → こっちのITmedia記事をどうぞ

 ついでといっては何ですが、著作権法の改正について、日本では、この問題とともに、フェアユース条項の導入が検討されていますが、
 → 当ブログ「「フェアユース」規定制定の報告書(著作権)」
      (08/12/25)
5月12日には、文化庁文化審議会著作権分科会法制問題小委員会の今年度第1回会合が開催され、フェアユース規定の導入についても議論が始まったようです。
 → 文化庁サイト議事録

【追記】(6/11)
 時事がAFPの報として、上記のダウンロード規制法について、フランスの違憲審査機関の憲法会議は10日、この規制条項は人権侵害と判断して、法施行に待ったをかけた、と伝えています。

« 改正法案等審議状況まとめ(独禁法、著作権法、消費者庁関連) | トップページ | 「犬・猫用ペットフードの安全性に関する相談」(国民生活センター) »

法律」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183277/45013878

この記事へのトラックバック一覧です: 違法ダウンロードについての「スリーストライク法案」可決(フランス):

« 改正法案等審議状況まとめ(独禁法、著作権法、消費者庁関連) | トップページ | 「犬・猫用ペットフードの安全性に関する相談」(国民生活センター) »