フォト

weathernews

ツイッターでつぶやく

無料ブログはココログ

« 『死刑を考える』(日弁連) | トップページ | 担保不動産の任意売却促進の法案(自民党) »

2009年3月16日 (月)

いびき軽減クリップの不当表示(景表法)

 本日、公正取引委員会は、いびき軽減等を標榜する商品の製造販売業者ら3社に対して、対象商品に係る表示が、景品表示法4条2項(不実証広告)により、同条1項1号(優良誤認)に該当する表示とみなされ、同号の規定に違反する事実が認められたとして、排除命令を行っています。
 → 公取委サイト報道発表資料(PDF) 

 対象業者は、ピップトウキョウ株式会社(東京都千代田区)、ピップフジモト株式会社(大阪市中央区)、株式会社キートロン(千葉県市川市)の3社です。ピップ2社の商品名が「いびきクリップ」、キートロンが「磁力クリップ」。これらの商品を鼻に取り付けると、いびきを軽減するという表示が包装やWEB上でなされていた、というもの。

(違反行為の概要)
 3社は、それぞれ前記商品を一般消費者に販売するに当たり、商品の包装容器及びインターネット上のウェブサイトにおいて、あたかも、当該商品を鼻に取り付けることにより、いびきを軽減するかのように示す表示を行っているが、公取委が3社に対し当該表示の裏付けとなる合理的な根拠を示す資料の提出を求めたところ、ピップトウキョウ及びピップフジモトは資料を提出せず、キートロンは、期限内に資料を提出したが、当該資料は当該表示の裏付けとなる合理的な根拠を示すものであるとは認められないものであった。

(排除措置の内容)
ア 前記表示は、一般消費者に対し、実際のものよりも著しく優良である
 と示すものである旨を公示すること。
イ 再発防止策を講じて、これを役員及び従業員に周知徹底すること。
ウ 今後、同様の表示を行わないこと。

【追記】(3/16)
 ピップトウキョウピップフジモト両社のサイトに、「重要なお知らせ」として、今回の排除命令について公表されています。 → こちら
 「これらの表示について景品表示法第4条第2項の規定に基づく公正取引委員会からの資料提出の求めがありましたが、弊社は、その裏付けとなる合理的な根拠を示す資料を所持しておらず、資料を提出することができませんでした。」
「当該製品の表示は、当該製品の内容について、
一般消費者の皆様方に対して実際のものよりも著しく優良であると示すものであり、一般消費者ならびに販売店の皆様方には、多大なるご迷惑をおかけしましたことを、心よりお詫び申し上げます。」と、あっさり全面的に公取委の指摘を認めて、販売中止を公表しています。また、返品等の対応については、改めて案内する、とのこと。
 過ちを認めるのは結構なのですが、裏付け資料も所持せず、このような商品を堂々と販売するということは、景品表示法違反という表示の問題にとどまらないものです。両社は、「THE WELLNESS COMPANY(人々の心身の健康に貢献する企業)」を目指すことを経営理念として掲げている健康産業のはずですが、あまりにもお粗末な話だと思います。

« 『死刑を考える』(日弁連) | トップページ | 担保不動産の任意売却促進の法案(自民党) »

法律」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183277/44366946

この記事へのトラックバック一覧です: いびき軽減クリップの不当表示(景表法):

» 今週のビジネス法務的ニュース・ネタまとめ 2009年3月第3週 [企業法務マンサバイバル]
  今週はニュースとネタが盛りだくさんでちょっと長いですが、お付き合いくださいませ。 ▼不正競争防止法の改正案は「内部告発」を抑圧する(夜明け前の独り言 水口洋介) 解雇事件で、解雇の理由がないことを証明するために、営業報告書や顧客に提出した稟議書など...... [続きを読む]

« 『死刑を考える』(日弁連) | トップページ | 担保不動産の任意売却促進の法案(自民党) »