フォト

weathernews

ツイッターでつぶやく

無料ブログはココログ

« ???「債務整理大阪弁護士会」??? | トップページ | アフィリエイト、ドロップシッピングの危険性(東京都) »

2009年2月 6日 (金)

コンテンツ取引に係る下請法講習会(公取委)

 先日、当ブログの「アニメーション産業に関する実態調査報告書(公取委)」(1/23)で、公正取引委員会の報告書をご紹介しました。
 これとも関連するのですが、公取委が、下請代金支払遅延等防止法(下請法)違反行為の未然防止の観点から、「コンテンツ取引に係る下請法講習会」を東京、名古屋、大阪の3会場で開催することを発表しています。

 コンテンツ制作に関する取引については、平成15年の下請法改正により、「情報成果物作成委託等」が下請法の規制対象として追加されており、本年度も、コンテンツ制作を行う親事業者(放送番組等の制作を委託する放送局、CMの制作を委託する広告代理店、ゲームの制作を委託するゲームメーカー等)を対象にして講習会を開催するというものです。

 開催は、
 東 京 3月 9日(月) フィオーレ東京 ローズルーム
 名古屋 3月17日(火) 名古屋国際会議場 会議室141,142
 大 阪 3月24日(火) 大阪YMCA国際文化センター 大ホール

で、講演内容は、下請法の解説として、コンテンツ制作に係る取引において典型的に生じる下請法上の問題に関するケーススタディー等ということです。
 → 申込方法など、詳しくは 公取委サイト報道発表資料(PDF)

 この講習会に関して、公取委事務総長の定例会見記事も出ていました。
 記者の質問は、上記のアニメ産業の実態調査で明らかになった悲惨といってもいいような下請業者の実態を踏まえて厳しく注意するというような内容も含まれているか、というもので、

 これに対する事務総長の回答は、
「・・特に,厳しい指摘を行うというよりは,まず,法律の概要なり,義務・禁止規定の内容を,従前,下請法の適用がされていなかった分野でもあり,どういうことが違反なのかということが十分理解されていない部分もあると思いますので,そういうことを十分御理解していただき,それから,その産業に携わっている方からすれば,いろいろと実務上行われがちであるというような実態もあるでしょうし,どういうことが違反になるのか,ならないのかという御尋ねもあると思いますので,そういう面で,双方向の意見交換を行うという形で,活発な講習会となることを期待しているところです。」というものです。

« ???「債務整理大阪弁護士会」??? | トップページ | アフィリエイト、ドロップシッピングの危険性(東京都) »

法律」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183277/43975524

この記事へのトラックバック一覧です: コンテンツ取引に係る下請法講習会(公取委):

« ???「債務整理大阪弁護士会」??? | トップページ | アフィリエイト、ドロップシッピングの危険性(東京都) »