フォト

weathernews

ツイッターでつぶやく

無料ブログはココログ

« ポッカレモンの商品表示についての排除命令(景表法) | トップページ | 「個人情報保護法」と情報管理一般の雑感 »

2008年12月 7日 (日)

「架空請求」と「架空とは言い切れない請求」への対応

 タイトルは意味不明かと思いますが、休日のちょっとした雑感メモです。もう少し、きちんとした文章にして、事務所のサイトの法律コラム(更新が大変遅れてます)に掲載しようとは思っているのですが。

 近年、架空請求やら振り込め詐欺やらのように、電話や郵便、電子メールによって、ありもしない請求をして支払わせるという手口が珍しくもなくなりました。また、直接的に支払の請求をするわけではありませんが、裁判所や検察庁をはじめとした官公庁や公的な団体などを名乗って、電話をして、おそらくは住所などの個人情報を聞き出そうとする不審な電話の例も跡を絶ちませんね。

 広く見れば、迷惑メール、スパムメールといったものも含まれるかと思うのですが、こういった不審者からのアクセスに対しては、変に不審な発信者に反論したり拒絶の意思を表示したりすると、逆に相手に情報を与えることになったり、巧妙な手口に載せられる危険性があるから、相手にせず、無視するほうがいい、という対処法をよく聞きます。

 基本的には、私もその通りだと思いますし、個別事案を相談されればそう答えます。

 ただ、そのような対応が一般常識になっていくことに心配もしています。
 それは、相手方に返事をしたり、反論したり、という対応をしなければならない、そうしたほうがいい、というまともなアクセス行為に対してまで、同じような対応が拡がっていくのではないか、という点の心配です。

 本人にとって歓迎できないアクセスにしても、例えば、トラブルの相手方(代理人の弁護士というのも含まれますが)からの通知であったり、裁判所などの官公庁などからの手続書面についても、「そんなこと俺はしらないよ。」と無視する傾向も出てくるのではないでしょうか。相手からの請求内容について、「これは相手が無茶な請求をしているだけ」というようなことで、上記のような「架空請求」と同様に単純に無視すれば、場合によってはトラブルが拡大したりすることも充分にあり得ます。

 もし、相手方代理人の弁護士から、自分の気にくわない請求の書面が届いたとか、よくわからない内容の書面がきたからといって、放置しておけば、相手方も余計に感情的になって不必要にこじれて解決が困難になったり、本来は話し合いで済むものが、無視したために相手方も裁判などの手続きをとらざるを得なくなったりします。
 弁護士からの通知を、いちいち「本当に弁護士からの通知だろうか」とか「一方的な請求だから放置しよう」などといった対応が一般的になると、我々も正直なところ困りますし、受け取った人の側も不利益になる可能性があるわけです。

 これが裁判所からの郵便物であれば、もっと大変なことになる危険性があります。つまり、民事訴訟を起こされた場合、裁判所から訴状が郵送されるのですが、その訴訟の内容が、自分にとっては話にならないようなおかしな請求だからといって、無視して放置しておけば、証拠を調べることもなく、原則として、相手が訴状に書いたとおりの「欠席判決」が裁判所から言い渡されます。この判決がいったん確定してしまえば、これを後から覆すことは通常は困難です(厳格な要件の「再審」が認められなければ駄目です)。

 迷惑メールであれば、最近はフィルタリングの技術のおかげで、ちゃんと対応しておれば、件数は増えても、以前ほどの迷惑感は減ったように思います。郵便などについても、不審な通知は分類してくれるようなフィルタリングの方法はないのかな、と思ったりもしますが、迷惑メールのフィルタリング同様、わずかにせよ、フィルタリングの段階で、重要な郵便がはじかれたりしても大変ですね。

 「架空請求」などの手口は、自分の所に来たアクセスに対して、真っ当な人間であれば、アクセス内容を検討したり、悩んだり、びっくしたり、反論したりするという正しいリアクションを利用するものです。これに対して、「架空請求」には返事せず、無視しましょう、という対応は、本来あるべきリアクションをやめましょう、というようなもんですから、そこの所に上のような心配がでてくるんですね。「悪貨は良貨を駆逐する」ということでしょうか。
 クレジット契約などと同様に、こういったこと(「欠席判決」のような訴訟手続も含めて)についても、消費者啓発・教育活動が重要なのだろうな、と思います。

« ポッカレモンの商品表示についての排除命令(景表法) | トップページ | 「個人情報保護法」と情報管理一般の雑感 »

法律」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183277/43347541

この記事へのトラックバック一覧です: 「架空請求」と「架空とは言い切れない請求」への対応:

« ポッカレモンの商品表示についての排除命令(景表法) | トップページ | 「個人情報保護法」と情報管理一般の雑感 »