フォト

weathernews

ツイッターでつぶやく

無料ブログはココログ

« 亜鉛めっき鋼板カルテルの刑事告発について(独禁法) | トップページ | 同乗のペット犬の負傷に対する交通事故損害賠償判決 »

2008年11月 9日 (日)

東京マラソン(無駄話)

 日曜なので気楽な話です。

 来年3月の第3回東京マラソンですが、出場定員3万人に対して、20万人を超える申込みがあったようですね。その出場についての当選(というのかな)の発表がありました。
 もっとも、私は申し込んでいないので関係ないのですが、ランニング仲間のメールやマラソン愛好家のブログなどで、いろいろ報告がされています。私が見た限りでは、残念ながら、今の所全員が討ち死にのようでした。

 私は、運良く第1回の東京マラソンに出場でき、冷たい雨が降り注ぐ新宿の東京都庁からスタートしました。足底の故障もあり、4時間24分と記録的には満足できませんでしたけども。

 最近、ある知人がある所に書いていたのですが、マラソンをしているというと、ランニングをしない人から「東京マラソンは走らないんですか?」って言われる、とのこと。彼は市民ランナーとはいっても、私よりちょっと年上ながらもフルマラソンを2時間台で走ってしまう人です。

 市民レースのことをあまりご存じない人たちにとっては、市民ランナーならば、あの有名な「東京マラソン」に出るだろうということなのでしょうか。私は東京マラソンで聞かれたことはありませんが、かなり以前から、本当によく聞かれるのが「ホノルルマラソンは出たんですか?」という質問です。あれは、ランニング経験ない人でも気楽に出られる観光レースなんですけどね。制限時間もないようなもんですし。

 海外レース出るなら、一度は、ニューヨークマラソンに出たいです。

« 亜鉛めっき鋼板カルテルの刑事告発について(独禁法) | トップページ | 同乗のペット犬の負傷に対する交通事故損害賠償判決 »

スポーツ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183277/43061084

この記事へのトラックバック一覧です: 東京マラソン(無駄話):

« 亜鉛めっき鋼板カルテルの刑事告発について(独禁法) | トップページ | 同乗のペット犬の負傷に対する交通事故損害賠償判決 »