フォト

weathernews

ツイッターでつぶやく

無料ブログはココログ

« 消費者団体訴訟と「認諾」 | トップページ | 「知的財産に関する特別世論調査」(内閣府) »

2008年10月22日 (水)

今日の独禁研::環境問題に関する共同行為と独占禁止法

 さて、前回の「書きかけ記事」をどうしようか、というのも気になるのですが、ひとまず放置です(微苦笑)。

 今週は、いろいろと外の仕事が多くて大変で、昨日(10/22)は、昼から夕方まで、某市役所の法律相談の担当でした。8件ほどの市民法律相談をお聞きしましたが、今日は相続関係と離婚関係の相談が多かったですね。
 このブログでは、相続、離婚関係はあまり触れていませんのですが、私も普通の弁護士ですので、相続や離婚の交渉や調停・裁判のケースは、たくさんあります。

 その市民法律相談の後、梅田の某顧問会社に直行して半時間ばかり仕事をしてから事務所に戻り、その後(6時開会に遅刻です)、大阪弁護士会館にて「独禁法・公正取引研究会」(略称:独禁研)に参加でした。
 私は、本当はその任にないのですが、いろんな成り行きで、現在は代表ということになっています(恥ずかし)。
 この独禁研は、大阪を中心とした弁護士の有志を中心とした任意の研究会ですが、20年くらいの歴史があります。今は2ヶ月に1回、若い弁護士さんを対象として、こじんまりとした研究会を開催しています。立派なサイトも作っているのですが、最近は全く更新できておらずで恐縮です(苦苦笑)。
 → そのサイト

 今回の研究会のテーマは、このブログでも前に紹介しました通り、環境問題と独禁法との関係についての公取委相談事例でした。レジ袋有料化の問題と、インクカートリッジの共同回収の問題です。

 結構難しい問題なのですが、特にインクカートリッジの回収の問題については、プリンターの大手メーカーが、環境問題という美名を強調して、実際の目的は、再生カートリッジ業者の事業を圧迫して、競争を阻害することにあるのではないか、という点に関心が集まりました。

 次回は、ライセンス契約と独禁法に関して、私が報告担当になってしまった。。。。。大丈夫かな。知的財産権の行使の名のもとに、実際は独占禁止法の規制を回避しようとしている事案については、腹立たしいものもあるのですが。。。

 明日(おっと、零時回って、今日になってしまった)午前は、大阪弁護士会の司法修習生向けの研修の講師(これも独占禁止法がテーマ)で、それが終わると、すぐに東京地裁に向かって移動です。

 そのわずかな時間にちょっと書面を作らなきゃ。

« 消費者団体訴訟と「認諾」 | トップページ | 「知的財産に関する特別世論調査」(内閣府) »

法律」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183277/42875634

この記事へのトラックバック一覧です: 今日の独禁研::環境問題に関する共同行為と独占禁止法:

« 消費者団体訴訟と「認諾」 | トップページ | 「知的財産に関する特別世論調査」(内閣府) »