フォト

weathernews

ツイッターでつぶやく

無料ブログはココログ

« ヤフオクのIDを盗むフィッシングサイトだそうな。 | トップページ | 民法(債権法)改正検討委員会ホームページ »

2008年10月 6日 (月)

ヤフーID乗っ取り事件(ヤフオク)の続報

 先週末に、ヤフーのフィッシングサイトの記事を書きましたが、同じ日(10/3)のImpress Watch の記事に、ヤフーが、一部利用者にパスワード変更求める措置を今月1日から実施しているとありました。
 → その記事

 ID乗っ取り事案の被害(オークション不正出品)が増えていることから、セキュリティ強化のためにパスワード変更を求めたとのことです。

 第三者に推測されやすい文字列がパスワードに設定されていたり、第三者によるログインが行われている可能性があったり、長期間パスワードの変更が行われておらず、パスワードの安全性が低い、というようなユーザーにパスワード変更を求めており、これに応じなければログインできなくなる、とのことです。
 さらに、パスワード変更を求められたユーザーの一部がYahoo!オークションに出品する場合、パスワード変更後に宅配業者(佐川急便)による「配送本人確認」を行う必要があるようです。

 なお、別記事ですが、オークション不正出品事件に関しては、9月26日に、ヤフーが、ユーザーのIDが何者かに乗っ取られ不正利用され、ユーザーから身に覚えのない出品手数料などを徴収していたこと、被害ユーザーには被害額を補償すると発表したようです。約5000件のIDの被害が判明していて、今後も増える可能性がある、とのこと。
 → その記事

 ヤフーの調査では、中国の特定のIPアドレスから、大量のログインがあったことを確認し、乗っ取られたIDから主に出品されていたのは偽ブランド品で、IDの持ち主のユーザーに対して、出品手数料などが請求されていたようです。なお、落札商品は落札者にちゃんと届いている、とのこと。

 ヤフーが被害補償をするという対応に変わったようですので、身に覚えのない出品手数料を請求されているのに、被害申告をまだしていない方は、ヤフーに連絡して下さい。

« ヤフオクのIDを盗むフィッシングサイトだそうな。 | トップページ | 民法(債権法)改正検討委員会ホームページ »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

法律」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183277/42702971

この記事へのトラックバック一覧です: ヤフーID乗っ取り事件(ヤフオク)の続報:

« ヤフオクのIDを盗むフィッシングサイトだそうな。 | トップページ | 民法(債権法)改正検討委員会ホームページ »