フォト

weathernews

ツイッターでつぶやく

無料ブログはココログ

« イー・モバイルの携帯電話料金の不当表示(公取委) | トップページ | ヤフオク会員に身に覚えない利用手数料の請求だそうな。 »

2008年9月 5日 (金)

タクシー客引き用チラシで運転手逮捕(商標法・不正競争防止法)

 こんな新聞記事をたまたまネットで見つけました。

 9月3日付の京都新聞サイトの報道ですが、「客引きのタクシー運転手逮捕  チラシに『JR西マーク』」というものです。

 要するに、JR西日本の商標に酷似したマークを入れた観光タクシーの客引き用チラシを知人のタクシー運転手に渡したとして、商標法違反(類似商標侵害)不正競争防止法違反(著名表示冒用行為)の疑いで、タクシー運転手の男性が逮捕されたというものです。

 新聞記事には当該チラシの写真が掲載されたようなのですが、ネット上では載ってませんので、行為の実態は詳しくはわかりませんでした。JRの公認のタクシーであるような表示になっていたのでしょうか?
(【追記】(9/6) スポニチがネット掲載してたチラシ写真を見ましたが、右上に小さくJRのマークが印刷されているだけで、特に文字での説明はなさそうですね。まぁ、これを見た利用者がJRと何らかの関係のあるタクシー業者であるように信用させる効果はあるでしょうね。)

 他人の有名な商標や表示を勝手に使うという商標法違反不正競争防止法違反自体は世の中によくありますが、法的な問題として取り上げられるのは、多くは権利者と侵害者との民事的な紛争です。
 警察当局が犯罪として逮捕までするということは必ずしも多くはなく、実際に刑事責任まで追及されるのは、大規模な偽ブランド商法や最近の食品偽装のように社会的にも被害が大きく、非常に悪質と見られるものに限られていると思っていたのですが、このような極めて個人的な規模で行ったものでも逮捕されるケースがあるのですね。

 「JR印のチラシ」に余程の効果があって、競争者である他のタクシー業者から苦情がたくさん出たということかもしれませんね。それとも、タクシーのサービスが悪くて、利用者からの苦情がJRにたくさん来たのかな。もちろん想像ですけど。

« イー・モバイルの携帯電話料金の不当表示(公取委) | トップページ | ヤフオク会員に身に覚えない利用手数料の請求だそうな。 »

法律」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183277/42387144

この記事へのトラックバック一覧です: タクシー客引き用チラシで運転手逮捕(商標法・不正競争防止法):

« イー・モバイルの携帯電話料金の不当表示(公取委) | トップページ | ヤフオク会員に身に覚えない利用手数料の請求だそうな。 »