フォト

weathernews

ツイッターでつぶやく

無料ブログはココログ

« 「ジャフバくん」と「せんとくん」 | トップページ | タクシー客引き用チラシで運転手逮捕(商標法・不正競争防止法) »

2008年9月 4日 (木)

イー・モバイルの携帯電話料金の不当表示(公取委)

 本日、公正取引委員会は、イー・モバイル株式会社が行った携帯電話サービスに係る表示について景品表示法4条1項2号(有利誤認)に違反するおそれがあるものとして、警告を行っています。排除命令ではなく、警告です。
 → 公取委サイト報道発表資料(PDF)

 これも、先日の全日空のプレミアムクラスや以前のNTTのひかり電話やDIAL104などの広告に対する排除命令事件と同様に、サービスの「売り」の部分の強調表示に対して、打ち消し表示がわかりにくいということが絡んでいますね。排除命令ではなく、警告になっているのは、分かりにくい程度が低いと見たのでしょうか?

 それとも、ちゃんと大きな文字で、「ありえない!」と「打ち消し表示」を書いてるから、ということでしょうかね?(苦笑)

【違反被疑行為の概要】※詳しくは上の公取サイト資料を見て下さい。
(1) 定額パック24(月額980円を支払えば、イー・モバイルの携帯電話同士の通話の場合に追加の料金が発生しないとするサービス)について、以下の表示を行った。

ア 駅貼りポスター及び車両内広告
○駅貼りポスターや車両内広告において、「ありえない! 電話基本料0円。」「ケータイ初! 月々980円で24時間いつでも通話無料。」と記載し、あたかも、通話の相手方が契約している携帯電話会社等に制限なく月額980円のみで通話できるかのように表示。
○前記広告全体の大きさと比して小さい文字で、「別途、データ通信利用料月々1,000円~がかかります。」「イー・モバイル同士で、電話発信者がイー・モバイル自社サービスエリア内の場合。電話受信者がイー・モバイルの電話でない場合や、電話発信者がイー・モバイル自社サービスエリア外の場合には、別途従量課金による通話料がかかります。」と記載。

 しかし、実際には、定額パック24の料金のみで通話できるのは,イー・モバイルの携帯電話同士の通話の場合に限られ、定額パック24を利用するためには、データ通信サービスを利用するための契約が必要であり、最低でも月額1,980円の利用料が掛かるものであった。さらに、国内ローミングサービスを利用する場合には、別途月額105円の利用料及び利用ごとに所定の通話料が掛かるものであった。

イ テレビコマーシャル
 (内容的には、上記アと同様。省略。)

(2) 他社PHSとの定額パック24及びデータ通信サービスについての比較広告
 (省略)

【追記】(9/4)
 この公取委の警告を受けて、総務省は、同社に対し、広告において、利用者が誤認するおそれのない分かりやすい情報の提供と適正な表示を行うよう要請し、また、(社)電気通信事業者協会に対し、同様の趣旨を会員事業者に周知するよう要請するとともに、電気通信サービス向上推進協議会に対して、「電気通信サービスの広告表示に関する自主基準及びガイドライン」の検証と、不適正な広告がなされないようにするための検討を行うよう要請しました、とのことです。
 → 総務省報道資料
    「携帯電話サービスの広告表示に係る措置について」

« 「ジャフバくん」と「せんとくん」 | トップページ | タクシー客引き用チラシで運転手逮捕(商標法・不正競争防止法) »

法律」カテゴリの記事

コメント

イーモバイル社の通信機器を解約しようとしたら、契約時に渡された携帯電話の料金も発生するといわれました。その携帯電話は、私は必要ないといったが、無料だからと無理やり持たされたもので、今もそのまま箱に入っています。契約書を良く見ると、私のサインではないものが署名されています。公文書偽造で株式会社イーモバイルを訴え、携帯電話料金は不当なものとして支払いをなくしてもらいたいのですが、訴訟を手伝ってもらえるでしょうか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183277/42377000

この記事へのトラックバック一覧です: イー・モバイルの携帯電話料金の不当表示(公取委):

« 「ジャフバくん」と「せんとくん」 | トップページ | タクシー客引き用チラシで運転手逮捕(商標法・不正競争防止法) »