フォト

weathernews

ツイッターでつぶやく

無料ブログはココログ

« 消費者庁関連イベントの告知 | トップページ | No.1(ナンバーワン)表示の調査報告書再掲(公取委) »

2008年8月18日 (月)

我が国のIT利活用に関する調査研究(経産省)

 このブログも開設1年半で、総アクセス数が10万を超えました。アクセス数というのも、あまり厳密なものでもなく、特別の意味があるわけでもないですが、1つの区切りにはなりました。ご愛読ありがとうございます。

 さて、本日(8/18)、経済産業省、「平成19年度我が国のIT利活用に関する調査研究」(電子商取引に関する市場調査)の結果を公表しています。
 → 経済産業省サイト報道発表

 この調査は、平成19年1~12月までの電子商取引市場を調査したもので、平成10年度より毎年実施されているもの。

 調査結果のいくつかを紹介すると、

(1)BtoB EC(企業間電子商取引)市場規模について
 我が国のインターネットによる企業間EC市場規模は162兆円、前年比9.3%増、米国では約103兆6,540億円、前年と比較して8.7%増。

 (BtoB市場は、アメリカより日本のほうが大きいのですねぇ。)

(2)BtoC EC(消費者向け電子商取引)市場規模について
 我が国の消費者向けEC市場規模は5.3兆円、前年比21.7%増、米国では、22兆6,540億円、前年と比較すると17.6%増。

(3)我が国におけるインターネット関連ビジネス市場
 消費者を起点とした、インターネット関連ビジネス市場規模は、約2兆円。

(4)アジア主要4ヶ国(中国、韓国、台湾、マレーシア)の消費者向け電子商取引の実態
 各国ともBtoC ECは拡大傾向だが、その進展には差異が見られる。
 (中国と韓国のみ抜粋しておきますね。)

 〈中 国〉
   インターネット利用者数2億1千万人
   インターネット普及率16.0%
   BtoC EC市場規模82億人民元。
   CtoC EC事情規模230億人民元。
     参考:1人民元につき15.24円(2006年)
   特長
    ・BtoC EC利用の主な年代は25歳~35歳。
    ・モバイルBtoC ECは、市場と呼べるほど大きくない。
   課題
    ・物流インフラレベルの向上。
    ・EDIシステムのスムーズな改良。
    ・個人情報保護に関する体制の整備。
    ・商品の品質基準の明確化。
    ・決済時のセキュリティ向上。
    ・ECの専門的技術を持った人材不足。

 〈韓 国〉
   インターネット利用率75.5%
   BtoC EC市場規模10.2兆ウォン。
     参考:100ウォンにつき12.78円(2006年)
   特長
    ・BtoC EC利用の主な年代は25歳~40歳。
    ・EC店舗は「総合モール」と「専門モール」にタイプ分けされ、
     あらゆる物品・サービスを販売する総合モールは「総合ショッピ
     ングモール」と「オープンマーケット(e-マーケットプレイス)
     」の2種で構成されている。
    ・エスクローサービスの推奨など政府による消費者保護の拡充の動
     きは活発である。
   課題
    ・モバイルBtoC ECは、高額な通信料金などがネックとなり、
     またPCでの高速かつ低額なインターネット利用が可能であるた
     め利用が進んでいない。

« 消費者庁関連イベントの告知 | トップページ | No.1(ナンバーワン)表示の調査報告書再掲(公取委) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183277/42205328

この記事へのトラックバック一覧です: 我が国のIT利活用に関する調査研究(経産省):

« 消費者庁関連イベントの告知 | トップページ | No.1(ナンバーワン)表示の調査報告書再掲(公取委) »