フォト

weathernews

ツイッターでつぶやく

無料ブログはココログ

« (続?)Googleのストリートビューを試してみて | トップページ | 「コンドロイチン」やら「グルコサミン」やらの健康食品(国民生活センター) »

2008年8月21日 (木)

「磁気活水器」の有害物質除去効果はウソ(国民生活センター)

 国民生活センター(独立行政法人です。)が、「磁気活水器」トリハロメタン等の有害物質の除去効果がなかったというテスト結果を昨日公表しています。
 → 国民生活センターサイト報道発表資料

 それによれば、「磁気活水器」の多くは、水道管や蛇口の外側に磁石を取り付けるため、フィルターの交換が不要(長寿命)であることをうたい、「水がまろやかになる」等感覚的で検証が難しいことなどを広告している銘柄が多いが、中には消費者の関心が高いトリハロメタンのような有害物質の除去を広告に表示している銘柄もあるとのことで、トリハロメタン等の除去に関してインターネット通信販売の広告等でうたっている蛇口取付型(3銘柄)と元管型(水道管に直に取り付けるタイプ:3銘柄)を対象にこれらの除去性能等を調べた結果を情報提供することとした、ということです。

(本テストでいう「磁気活水器」は、蛇口や水道管を外側から挟み、フィルターなどの機構を有さず、「活水」機能をうたっている水道用器具のことを指している、とのこと)

 概略を紹介すると、

 総トリハロメタンの除去性能については、全6銘柄の磁気活水器の取り付け前後で総トリハロメタンの濃度に違いはなく、総トリハロメタンが除去できないことが分かった。

 トリハロメタン生成能に対する影響については、トリハロメタンを直接除去するのではなく、その原因物質を除去することをうたっていた2銘柄について調べた結果、磁気活水器の取り付け前後でトリハロメタン生成能に違いはなかった。

 遊離残留塩素除去性能(塩素を除去する効能)についても、全6銘柄の磁気活水器の取り付け前後で遊離残留塩素の濃度に違いはなく、除去できないことが分かった。

 表示・広告については、インターネット上の広告等について調べたところ、インターネットショップの広告にのみトリハロメタンの除去を示唆する文句が記載されている銘柄や、製造者のホームページにまでトリハロメタンの除去に効果があることを記載している銘柄があった。また、一部の銘柄では、インターネットショップの広告にトリハロメタンの原因物質や残留塩素が除去できる旨の記述があった。

 以上、トリハロメタンや残留塩素等を除去できる効果をインターネット上の広告等で表示しているが、テストした結果いずれも効果がなく消費者の誤認を招く表示であった。

 以上により、磁気活水器は水道水のトリハロメタンや残留塩素を除去する効果はない ので、国民生活センターとしては、早急にこのような広告・表示は取りやめるよう業界に要望するとともに、除去できるような効果をうたった広告・表示を行った事業者に対し、公正取引委員会による排除命令(景品表示法)等の措置を要望する、としています。

 これに関する朝日の報道によれば、12社が加盟する日本磁気活水器協会は「活水器は濾過(ろか)器や浄水器と根本的に違い、不純物を物理的に除去できない。加盟社に誇大表示をしないよう指導したい」と言っているとのことです。。

« (続?)Googleのストリートビューを試してみて | トップページ | 「コンドロイチン」やら「グルコサミン」やらの健康食品(国民生活センター) »

法律」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183277/42232077

この記事へのトラックバック一覧です: 「磁気活水器」の有害物質除去効果はウソ(国民生活センター):

« (続?)Googleのストリートビューを試してみて | トップページ | 「コンドロイチン」やら「グルコサミン」やらの健康食品(国民生活センター) »