フォト

weathernews

ツイッターでつぶやく

無料ブログはココログ

« 名水使用が、実は水道水だった小豆島そうめん(景表法) | トップページ | 借り手による消費者金融業者破産申立の方針(上毛ローン) »

2008年8月 6日 (水)

Googleのストリートビューを試してみて

 話題のグーグル・マップストリートビューを試してみました。

 いや凄い時代になったものですね。大阪市内はかなりの道がカバーされていますので、どこか行く時に事前に見ておけば便利でしょう。単に地図だけだと雰囲気がつかめず、現地に行ってうろうろすることもありますが、目線での写真なので、いろいろな現場の情報がわかり把握しやすいと思います。

 また、私のような仕事だと、交通事故や土地問題など現地を見ておいたほうがいいことも多いので、実際に現地まで行く時間のないときなどは重宝しそうですし、これを見ながら、事務所で依頼者から事情説明を聞くということにも役立ちそうです。

 その反面で非常に気になるのは、やはりプライバシーや個人情報との関係です。公道からの写真であり、現地へ行けば誰でも見えるものとはいえ、住所を知っておれば、自宅の写真を見ることができるわけで、当人にとっては、気持ちの良くない場合も多いのではないでしょうか?
 わざわざ現地へ行かねばならないというのと、ネットで簡単に見ることができるというのでは、質的にも大きな違いがあると思われます。
 一般の閑静な住宅街についても、地域によっては、ほぼ全部をカバーしているところもあるようです。

 個人や自治会などがグーグルに対して、写真の削除を要求するということも考えられますし、その他にも今後いろいろと問題が生じてくるのではないかと思います。

 いくつかの報道を見てみると、グーグル側は公道からの撮影ということで基本的に問題ないものとし、個別の問題については対処していくというような話をしているようですが。。。

 なお、私の知っている某病院を検索して見てみたのですが、明らかに公道から入った病院敷地内道路(駐車券発行機のゲートから入った中側です)を通り抜けて撮影していました。もちろん当該病院の許可を取っているならば問題はありませんけどね。

【追記】(8/20)
 おまけの記事書きました。
 → 「(続?)Googleのストリートビューを試してみて」

« 名水使用が、実は水道水だった小豆島そうめん(景表法) | トップページ | 借り手による消費者金融業者破産申立の方針(上毛ローン) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

法律」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183277/42086448

この記事へのトラックバック一覧です: Googleのストリートビューを試してみて:

« 名水使用が、実は水道水だった小豆島そうめん(景表法) | トップページ | 借り手による消費者金融業者破産申立の方針(上毛ローン) »