フォト

weathernews

ツイッターでつぶやく

無料ブログはココログ

« 携帯電話の着うた提供業務の共同ボイコットに対する審決(公取委) | トップページ | 下請取引改善協力委員会議の意見(公取委) »

2008年7月28日 (月)

ヤミ金事件(五菱会)の被害回復給付金支給手続

 東京地方検察庁は、7月25日、五菱会(ごりょうかい)のヤミ金融事件について、「犯罪被害財産等による被害回復給付金の支給に関する法律」に基づいて、被害者に対し被害回復給付金を支給するための手続「外国譲与財産支給手続」を開始する決定をし、同決定の内容を官報に公告しました。
 これは、事件関係者によって、スイスの銀行に送金、隠匿されていた金員がスイスのチューリッヒ州により没収され、その一部、約29億円が、本年5月23日に日本に譲与されたものです。五菱会のヤミ金被害に遭われた方は、支給を受けられる可能性がありますので、是非見ておいてください。
 → 法務省サイト
  「五菱会ヤミ金融事件に関する被害回復給付金支給申請手続について」

 このページに「東京地方検察庁などを名乗る架空請求に注意してください。この手続により,申請人の方にお金を請求することはありません。」とわざわざ注意書きがあります。こういうのを利用して、被害者から金儲けをしようとする輩がいるのは本当に情けないことですね。

 大阪弁護士会では、この手続の説明会をするようです。
 → 大阪弁護士会サイトの情報ページ
 8月11日(月)午後6~8時(開場午後5時半)、 大阪弁護士会館2階ホール(大阪市北区西天満1丁目12番5号)で行われます。事前の予約等は不要ですが、被害回復手続きに関する通知を受け取られた方はその通知された書類一式をご持参下さい、とのことです(通知がされていない方は不要です)。
 問合せ番号は 06-6364-4653(自動応答対応)で、説明会の日時や会場の案内を自動応答システムで行うもののようです。

 他の弁護士会でも、説明会や相談を行うところがあるようですので、各弁護士会にお問い合せ下さい。

 なお、申請手続などについては、検察庁サイトの「五菱会ヤミ金融事件 被害回復給付金支給申請手続について」に掲載されていますし、この被害回復給付金支給制度の一般的な解説は、法務省サイトの「被害回復給付金支給制度Q&A」にあります。新しい制度ですので、興味のある方は覗いてみてください。

 この五菱会事件に関する上記の手続開始決定についての日本弁護士連合会(日弁連)の会長談話
 → こちらへ(7/25日付)

« 携帯電話の着うた提供業務の共同ボイコットに対する審決(公取委) | トップページ | 下請取引改善協力委員会議の意見(公取委) »

法律」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183277/41995951

この記事へのトラックバック一覧です: ヤミ金事件(五菱会)の被害回復給付金支給手続:

« 携帯電話の着うた提供業務の共同ボイコットに対する審決(公取委) | トップページ | 下請取引改善協力委員会議の意見(公取委) »