フォト

weathernews

ツイッターでつぶやく

無料ブログはココログ

« 懸賞サイトに登録したら出会系メールが来た・・・という記事(日経パソコン) | トップページ | 19年度の独占禁止法違反事件の処理状況 »

2008年5月20日 (火)

ネット通販会社からの個人情報漏洩事件

 共同通信の報道では、「ネット通販のオズ・インターナショナルは20日、同社運営のサイトからクレジットカード番号など利用者の個人情報が流出したと発表した。」ということです。中国からの不正アクセスで流出した模様で、流出は最大2万件に達する可能性があるようですね。

 オズ・インターナショナルのサイトによれば、「このたび『アイドラッグストアー』『アイビューティーストアー』が中国からSQLインジェクションによる不正アクセスを受け、過去に『アイドラッグストアー』『アイビューティーストアー』をご利用になったお客様の個人情報の一部が流出した可能性が高いことが判明いたしました。
 現在確認されている流出項目はクレジットカード番号と有効期限、ログインパスワード等です。
 今後の流出を防ぐために、既にセキュリティ保護は強固なハードウェア、ソフトウェアを採用し、セキュリティの大強化を行い、現在も改善に最善をつくしております。
 また、お客様のクレジット情報はただちに削除をいたしました。
 今回の事件により、お客様に金銭的なご迷惑がかからないよう、取り計らっておりますのでこの点はご安心戴きたく御願い申し上げます。」

としています。

 詳細はまだ分かりませんが、クレジットカード番号と有効期限が漏洩すれば、被害が拡大する恐れがあります。

« 懸賞サイトに登録したら出会系メールが来た・・・という記事(日経パソコン) | トップページ | 19年度の独占禁止法違反事件の処理状況 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

法律」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183277/41271000

この記事へのトラックバック一覧です: ネット通販会社からの個人情報漏洩事件:

« 懸賞サイトに登録したら出会系メールが来た・・・という記事(日経パソコン) | トップページ | 19年度の独占禁止法違反事件の処理状況 »