フォト

weathernews

ツイッターでつぶやく

無料ブログはココログ

« 低周波治療器販売業者に対する業務停止命令(特商法) | トップページ | 高値仕入れのガソリンの安値販売は、不当廉売か?(独禁法) »

2008年4月 1日 (火)

デトックス商品の不当表示(景表法)

 これも、景品表示法不実証広告の規定(景品表示法4条2項)による排除命令の事案です。エープリルフールですが、洒落たウソを披露する才能もないので、いつもどおり淡々とまいります。

 本日(4/1)公正取引委員会は、株式会社ウィズダムコーポレーション及び株式会社ビューティーサイエンス研究所の2社に対し、2社が販売するデトックスによる痩身効果を標ぼうする商品に係る表示が、景品表示法4条2項により、同条1項1号(優良誤認)に該当する表示とみなされ、同号の規定に違反する事実が認められたので、2社に対して排除命令を行いました。
 → 公取委サイト報道発表資料

「デトックス」というのは、本来は解毒のことですが、最近は、特に女性向けに、身体から毒素、有害物質などを排出させる美容法、健康法などによく使われている言葉ですね。
 しかし、この手の不当表示は他にも山ほどありそうな感じがしますね。こういった事案については、景品表示法違反というよりは、詐欺罪の適用の可能性も積極的に検討すべきではないかと思います。
 こういった商法で吸い上げられた資金が流れていく先を考えれば、単にうっかり表示を信じた消費者も悪いというだけで済ませてはいけないんで、社会全体の問題であると思います。

 本件の対象商品は、摂取(粒状タイプ)、又は、煎じて飲用(茶葉タイプ)することにより、商品の含有成分(ゲルマニウム)によるデトックス効果により体内の老廃物を排出させるなどして痩身効果が得られること等を標ぼうする商品、ということです。 商品名は、「ゲルマデトックスダイエット」「ゲルマデトックスダイエットEX」「ゲルマデトックダイエットEX」「ゲルマ・デトックス・ダイエットティー」「ゲルマ・デトック・ハーブティー 」「ゲルマデトックスダイエット」となっています。

(違反事実の概要)
 2社は、それぞれ、前記商品を一般消費者に販売するに当たり、ウェブサイト又は新聞折り込みチラシにおいて、あたかも、当該商品を摂取すること又は煎じて飲用することにより、含有成分のゲルマニウムによるデトックス効果によって、体内に蓄積した老廃物を排出させるなどして痩身効果が得られるかのように示す表示を行っているが、当委員会が2社に対し当該表示の裏付けとなる合理的な根拠を示す資料の提出を求めたところ、ウィズダムコーポレーションは、期限内に表示の一部に係る資料を提出したが、当該資料は当該表示の裏付けとなる合理的な根拠を示すものであるとは認められないものであり、その他の表示に係る資料の提出はなく、また、ビューティーサイエンス研究所からは期限内に資料の提出がなかった。

(排除措置の概要)
ア  前記表示は、一般消費者に対し、実際のものよりも著しく優良であると示すものである旨を公示すること。 
イ  ウィズダムコーポレーションにあっては、再発防止策を講じ、これを役員及び従業員に周知徹底させること。 
ウ  今後,同様の表示を行わないこと。 

« 低周波治療器販売業者に対する業務停止命令(特商法) | トップページ | 高値仕入れのガソリンの安値販売は、不当廉売か?(独禁法) »

法律」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183277/40720632

この記事へのトラックバック一覧です: デトックス商品の不当表示(景表法):

« 低周波治療器販売業者に対する業務停止命令(特商法) | トップページ | 高値仕入れのガソリンの安値販売は、不当廉売か?(独禁法) »