フォト

weathernews

ツイッターでつぶやく

無料ブログはココログ

« 不当廉売等への課徴金(公取委) | トップページ | マラソンと「助力」についてのウダ話 »

2008年1月15日 (火)

ITの巨人たちと独禁法

 ここのところ、報道が続いたので「覚え書き」として。。。

 まず、1月11日付の日経記事「NY州司法長官『インテル、独禁法違反の疑いで調査』」
 米ニューヨーク州司法長官が10日、MPU市場での高シェアを乱用し、AMDを不当に排除した疑いがあるとして、インテルに対し独禁法違反の疑いで調査を始めたと発表したとのこと。
 同社については、欧州連合(EU)の欧州委員会(European Commission)も昨年から、独禁法違反の疑いがあると調査を進めており、これと、平成17年の日本の公正取引委員会の同社への勧告については、昨年7月27日付で「インテルの独禁法違反事件の新たな報道」として書きました。

//////////////////////////////////////////////////////////////

 次に1月9日にAFPなどが報じているのは、EU欧州委員会が2007年4月に告発していた、アップル(Apple)の「iPod」ユーザー向けのオンラインメディアストアiTunes Storeに対する競争法違反の訴えを取り下げるとの発表。
 記事を見る限り、どうやら欧州市場で国ごとに価格が異なっていたのを(特に英国の消費者が不利だったようだが)、アップルiTuneの音楽販売価格を欧州全体で統一すると発表したことを受けての措置らしい。英国では他国に比べて10%くらい割高だったようです。

//////////////////////////////////////////////////////////////

 そして、最後に今日の日経のEU欧州委員会の記事で、「マイクロソフトを調査・独禁法違反、係争再発も」
 マイクロソフトが「ウィンドウズ」の独占的な地位を乱用した疑いがあるとして独禁法違反の調査に入ったというもの。競合他社への技術情報開示やソフトのセット販売が対象とのことです。
 これもこのブログで、昨年9月17日付「マイクロソフトの抱き合わせ敗訴(EU)」という記事を書きましたが、再び紛争が激化するかもしれませんね。
 なお、ちょっと古い話になってしまいますが、日本の公取委も、平成10年にマイクロソフトの表計算ソフト(エクセル)と他のソフトとの抱き合わせ販売について勧告審決を行っています。
 この勧告審決については、私の所属している「独禁法・公正取引研究会」サイトで、大阪の土田泰弘弁護士が研究会での報告内容を載せていますのでご参考まで。
 全くの余談ですけど、この研究会サイト、せっかく立派なのを早々に土田弁護士に作ってもらったのに、ずいぶん更新しないままに放置していてもったいないことになってます。

////////////////////////////////////////////////////////////////

  それと、これはタイトルとは離れますが、欧州委員会がらみの最近のニュースということで、一緒に書いておきます(抱き合わせ販売みたいですね。失礼!)。
 今日の日経などでの報道では、EU欧州委員会から、自動車部品や接着剤などに使うクロロプレンゴムの価格カルテルで制裁金支払いを命じられていた日本の電気化学工業が、欧州委の命令を不服として欧州司法裁判所に提訴することを発表したとのこと。同社は昨年12月、欧州委から約76億円の制裁金の支払いを求められていました。

« 不当廉売等への課徴金(公取委) | トップページ | マラソンと「助力」についてのウダ話 »

ニュース」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

法律」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183277/17707936

この記事へのトラックバック一覧です: ITの巨人たちと独禁法:

« 不当廉売等への課徴金(公取委) | トップページ | マラソンと「助力」についてのウダ話 »