フォト

weathernews

ツイッターでつぶやく

無料ブログはココログ

« 日弁連P2Pシンポジウム | トップページ | 亜鉛鋼板カルテルについての犯則調査(公取委) »

2008年1月23日 (水)

「百度」日本進出

 中国の検索サービス「百度」(バイドゥ、Baidu 本社・北京)の日本法人が本日(1/23)、日本における検索サービスの正式版を開始したと発表しています。今日のNHKの9時のニュースでもずいぶん大きく取り上げていましたね。

 先月、このブログでも、「asianetcomが訪問されました(「百度」?)」(07/12/6)として、この検索サービスについてはちょっと触れました。
 さて、「百度」の検索サイトを見てみると、先日までの画面はGoogle風にあっさりとしたものだったのに、今日は、検索ワードランキングだとか、話題の画像だとか、にぎやかになっています。

 ここは中国の企業ですが、ソニーの最高顧問(元代表取締役)出井伸之氏も社外取締役に就任しています。出井氏は、ドバイ政府系の投資ファンド(DIC)の顧問にも就任されたということで話題になっていますね。

 いろいろな検索サイトが競争すること自体はいいと思うのですが、やはり、国産の検索サイトが必要かな、とは思いますね。
 ちょっと古くなりますけど、1年ほど前のこのブログでの検索サイトに関する記事を参考のため、以下にリンクしておきます。(最後のタイトルが、ん?ですがね。)

 「検索サイトについて思う」(07/2/7)

 「検索サイトの影響力の課題」(07/2/14)

 「ゆびとま問題と中島みゆき」(07/2/22)

« 日弁連P2Pシンポジウム | トップページ | 亜鉛鋼板カルテルについての犯則調査(公取委) »

ニュース」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183277/17801642

この記事へのトラックバック一覧です: 「百度」日本進出:

« 日弁連P2Pシンポジウム | トップページ | 亜鉛鋼板カルテルについての犯則調査(公取委) »