フォト

weathernews

ツイッターでつぶやく

無料ブログはココログ

« 個人情報保護法:経済産業分野 ガイドライン改正案(経産省) | トップページ | 不当廉売についての公取委の変節:怪しからぬ »

2007年12月19日 (水)

ヤフーBB個人情報漏洩事件最高裁決定を受領

 先日(12/15記事参照)お知らせしたヤフーBB個人情報漏洩事件についての最高裁決定を入手しました。

 控訴審判決後半年以内の最高裁の判断で、予想通りというか、具体的な理由は書かれていません。
 もっとも、実際には最高裁判決や決定の大部分はこういった「三行半(みくだりはん)」の形式的な書式です。これは、上告事由がないから上告を棄却、というのと、上告受理申立としても上告受理をすべきものとは認められない、という両方の判断結果を示しています。
 なので、残念ながら法律的な観点からはあまり意味はないのですが、かえって一般の方には珍しいかもしれないと思うので、参考のため、以下に、本件決定の「主文」と「理由」の全文を載せておきます。
 なお、双方(原告個人らとヤフー株式会社。ソフトバンクBBからは上告等なし。)からの上告及び上告受理申立ですので、決定としては2つ出されてますが、中身は一緒です(それぞれ、ちょうど双方が反対の形になるだけです。)。

〈主文〉
 本件上告を棄却する。
 本件を上告として受理しない。
 上告費用及び申立費用は上告人兼申立人らの負担とする。

〈理由〉
1.上告について
 民事事件について最高裁判所に上告をすることが許されるのは、民訴法312条1項又は2項所定の場合に限られるところ、本件上告理由は、違憲及び理由の不備・食違いをいうが、その実質は事実誤認又は単なる法令違反を主張するものであって、明らかに上記各項に規定する事由に該当しない。

2.上告受理申立について
 本件申立ての理由によれば、本件は、民訴法318条1項により受理すべきものとは認められない。

 よって、裁判官全員一致の意見で、主文のとおり決定する。

« 個人情報保護法:経済産業分野 ガイドライン改正案(経産省) | トップページ | 不当廉売についての公取委の変節:怪しからぬ »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

法律」カテゴリの記事

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183277/17421266

この記事へのトラックバック一覧です: ヤフーBB個人情報漏洩事件最高裁決定を受領:

« 個人情報保護法:経済産業分野 ガイドライン改正案(経産省) | トップページ | 不当廉売についての公取委の変節:怪しからぬ »