フォト

weathernews

ツイッターでつぶやく

無料ブログはココログ

« 法廷用語の日常語化プロジェクト報告書(日弁連) | トップページ | ネットオークションに関する提言 »

2007年12月26日 (水)

使っていないのに「カシミヤ70%」(景表法)

 公正取引委員会は、本日(12/26)、株式会社ユナイテッドアローズが販売する衣料品に係る表示について、景品表示法4条1項1号(優良誤認)違反の事実が認められたとして、排除命令を行いました。
 → http://www.jftc.go.jp/pressrelease/07.december/07122601.pdf

 これに関連するのですが、このブログ8月4日付「中国製カシミヤ製品の不当表示と景品表示法」の記事で、別の2社のカシミヤ100%表示についての排除命令などについて書きました。今回の件もこの関連なのでしょうけど、今回はネパールからの輸入品のようです。
 で、この8月4日付記事の下のほうを見てもらうと、今回の排除命令の対象会社が輸入ズボンの原産国表示に関する不当表示事件でも排除命令を受けていることがわかります。

 もっとも、この業者に故意や過失があったかどうかの問題は別のことにはなり、業者の悪質性とは必ずしも結びつきません。
 けれども、これらの事件から言えることは、仕入れた商品の表示については、製造業者や仕入れ先による表示内容を安易に信用することはできず、販売業者もかなり注意を払わなければ、このような事件に巻き込まれるのだ、ということになります。
 なお、商品回収、返金等、同社の対応については同社のwebサイトにも掲載されています。

今回の排除命令の違反事実の概要
 ユナイテッドアローズは、国内の卸売業者等を通じてネパールから輸入したストールを自社の「ジュエルチェンジズ」と称する小売店舗において一般消費者に販売するに当たり、商品の下げ札に「カシミヤ70%」と記載することにより、あたかも当該商品の原材料としてカシミヤが70パーセント用いられているかのように表示していたが、実際には、当該衣料品にカシミヤは用いられていなかった。

« 法廷用語の日常語化プロジェクト報告書(日弁連) | トップページ | ネットオークションに関する提言 »

ニュース」カテゴリの記事

法律」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183277/17489003

この記事へのトラックバック一覧です: 使っていないのに「カシミヤ70%」(景表法):

« 法廷用語の日常語化プロジェクト報告書(日弁連) | トップページ | ネットオークションに関する提言 »