フォト

weathernews

ツイッターでつぶやく

無料ブログはココログ

« 迷惑メール対応策のパブコメ募集 | トップページ | (経産省)NOVAのクレジット利用者の保護措置 »

2007年11月 1日 (木)

緑資源機構の談合事件判決

 本日午前、東京地裁で、独立行政法人「緑資源機構」の林道整備事業などに関する談合事件=独占禁止法違反(不当な取引制限)罪=についての判決が言い渡されました。

〔判決内容〕
 同機構関係
  元理事  懲役2年 執行猶予4年(求刑懲役2年)
  元林道企画課長 懲役1年6カ月執行猶予3年(求刑懲役1年6カ月)

 受注業者関係
  林業土木コンサルタンツ 罰金9000万円(求刑罰金1億円)
  森公弘済会        同7000万円(求刑同8000万円)
  フォレステック      同7000万円(求刑同8000万円)
  片平エンジニアリング   同4000万円(求刑同5000万円)
    各業者担当者4人
         懲役8カ月執行猶予3年(求刑懲役8カ月)
    同1人  懲役6カ月執行猶予2年(求刑懲役8カ月)

« 迷惑メール対応策のパブコメ募集 | トップページ | (経産省)NOVAのクレジット利用者の保護措置 »

ニュース」カテゴリの記事

法律」カテゴリの記事

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183277/16941289

この記事へのトラックバック一覧です: 緑資源機構の談合事件判決:

« 迷惑メール対応策のパブコメ募集 | トップページ | (経産省)NOVAのクレジット利用者の保護措置 »