フォト

weathernews

ツイッターでつぶやく

無料ブログはココログ

« 価格拘束についての米国最高裁判例 | トップページ | 独占禁止法改正の基本方針公表(公取委) »

2007年10月15日 (月)

名古屋地下鉄談合刑事事件判決(名古屋地裁)

 名古屋地下鉄談合事件の刑事事件(独占禁止法違反)の判決が名古屋地裁でありました。

 読売の報道によれば、大林組に罰金2億円、談合の仕切り役だった同社社員に懲役3年、執行猶予5年(求刑・懲役3年)を言い渡し、鹿島清水建設が罰金1億5000万円、奥村組前田建設工業が罰金1億円(以上、求刑通り)。大林以外の4社の社員はいずれも懲役1年6月、執行猶予3年(求刑・懲役1年6月)とのこと。

« 価格拘束についての米国最高裁判例 | トップページ | 独占禁止法改正の基本方針公表(公取委) »

ニュース」カテゴリの記事

法律」カテゴリの記事

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183277/16766856

この記事へのトラックバック一覧です: 名古屋地下鉄談合刑事事件判決(名古屋地裁):

« 価格拘束についての米国最高裁判例 | トップページ | 独占禁止法改正の基本方針公表(公取委) »