フォト

weathernews

ツイッターでつぶやく

無料ブログはココログ

« 塩ビ管カルテルで強制調査(公取委) | トップページ | 裁判員選任を装った個人情報収集 »

2007年7月12日 (木)

公取委団体訴訟制度研究会報告書の意見募集

 やっと、団体訴訟制度に関する研究会報告書「独占禁止法・景品表示法における団体訴訟制度の在り方について」が公表され、その意見募集が今日から始まっています。
  詳細はここを参照 → 電子政府窓口
                なお、公取委サイト本日付「報道発表資料」にも出ています。

  報告書のポイントとして公表されているのは、

○ 消費者全体の利益を守るため,独占禁止法及び景品表示法違反行為による同種の多数被害を未然防止・拡大防止するための差止請求権を一定の団体に付与する団体訴訟制度を導入することが考えられる。

事業者団体訴訟制度については,現行の制度(独占禁止法第24条及び第25条,民事訴訟法第30条),事業者被害の特徴(消費者被害に比べて個別的・事後的に法的手段に訴えるインセンティブが強い。)及び現在の事業者団体の状況にかんがみて,早急に導入する必要があるとまではいえない

○ 不当表示については,多数の消費者に少額の被害を与えることが多いことから,消費者に被害が及ぶことを防止し,もって被害の拡大を防止するためには,不当表示を消費者団体による差止請求の対象とする必要性が比較的高い。

○ 可能な限り早急に消費者団体による差止請求制度を導入するためには,差し当たっては,景品表示法に消費者団体訴訟制度を導入することとし,独占禁止法への導入については,次の段階での課題として位置付け,引き続き検討していくべきである。

景品表示法違反行為に対する差止請求権を一定の消費者団体に付与する制度の創設については,消費者契約法に導入された消費者団体訴訟制度を踏まえて具体的な制度設計を進めるべきである。

意見提出期限は、

   平成19年8月13日(月)18:00必着  となっています。

« 塩ビ管カルテルで強制調査(公取委) | トップページ | 裁判員選任を装った個人情報収集 »

ニュース」カテゴリの記事

法律」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183277/15734495

この記事へのトラックバック一覧です: 公取委団体訴訟制度研究会報告書の意見募集:

« 塩ビ管カルテルで強制調査(公取委) | トップページ | 裁判員選任を装った個人情報収集 »