フォト

weathernews

ツイッターでつぶやく

無料ブログはココログ

« 下請代金不当減額事案 マルハ | トップページ | 議員政務調査費・3億4千万円返還勧告(大阪府) »

2007年6月15日 (金)

資格商法に対する排除命令

 本日(6月15日)、公正取引委員会が行った景品表示法に基づく排除命令の事例です。 昔からよくある「資格商法」の一例です。

 公正取引委員会が、株式会社日本経営経理指導協会が開設する「労務管理士特別認定講座」と称する講座の受講者募集に係る表示について調査を行ってきたところ、景品表示法4条1項1号(優良誤認)の規定に違反する事実が認められたので排除命令を行った、というもの。

 こういった資格商法的な事業を行う事業者は、本件のように「○○○○協会」とかいった公的な団体を連想させるような名称をつける場合がよく見られます。ここも単なる株式会社で、社名に「協会」とか「委員会」とかの用語をつけること自体は違法ではありませんので、名称だけで信用してはいけません。

 本件の違反事実の概要 

 同社は、31府県に所在する公的施設等の会議室延べ140か所において開催した「労務管理士特別認定講座」の受講者募集に関し、会場周辺地域で配布した新聞折り込みチラシにおいて,次のような表示を行っていた。 

① 「資格取得者の就職率は・・・抜群です!!  全国共通有効資格  労務管理士(検定試験受験免除)特別認定講座」 
②  「労働法令改正施行と共に、労務管理責任者として強く求められている知的職業それが労務管理士です。全国組織団体の本協会が認定し、全資連の検定試験により公認されるもので、社会的に価値あるものとして、高く評価され就職にも大変有利です。」  

 これにより、労務管理士講座を受講すれば公的な資格であって、社会的に価値あるものとして高く評価され就職に非常に有利な「労務管理士」と称する資格が取得できるかのように表示していたが、資格は公的なものではなく、同社が独自に創設した資格であって,社会的に価値あるものとして高く評価され就職に非常に有利であるという事実はない。 

 本件の排除措置の内容

  同社において、前記表示が一般消費者に対し、実際のものよりも著しく優良であると示すものである旨を公示すること、今後、同様の表示を行わないこと、が内容となっています。

« 下請代金不当減額事案 マルハ | トップページ | 議員政務調査費・3億4千万円返還勧告(大阪府) »

ニュース」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

法律」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183277/15442298

この記事へのトラックバック一覧です: 資格商法に対する排除命令:

« 下請代金不当減額事案 マルハ | トップページ | 議員政務調査費・3億4千万円返還勧告(大阪府) »