フォト

weathernews

ツイッターでつぶやく

無料ブログはココログ

« 酒の製造・販売免許制度と果実酒 | トップページ | 橋梁工事談合事件の刑事事件 »

2007年5月18日 (金)

JFEのし尿・汚泥施設談合の刑事事件判決

 大手プラントメーカー11社による汚泥・し尿処理施設工事をめぐる談合事件独占禁止法違反(不当な取引制限)の刑事事件判決が大阪地裁で続々と出ているというのは、このブログの4月24日付「汚泥・し尿処理施設談合の刑事事件判決」に書きました。

 昨日、残っていたJFEエンジニアリングに関して判決が出たようです。判決内容は、JFEエンジニアリングに罰金1億2000万円、同社担当社員に罰金170万円。

 前にも書きましたが、整理のため、他社の一審判決を再掲しておきます。報道によれば、以下の判決は、全て確定しているようです。

 4月23日、クボタには、罰金2億2000万円、同社担当社員に懲役1年6月・執行猶予3年。
 三井造船には、罰金7000万円、同社担当社員に罰金140万円。

 3月29日、荏原製作所に対しては罰金2億円。この事件では、同社担当社員1名に対しては、独占禁止法違反および贈賄の罪で懲役2年6月・執行猶予4年、別の担当者には、贈賄の罪で懲役1年6月・執行猶予3年となっています。(賄賂は市会議員に対してのものです)
 三菱重工業には罰金8000万円、同社担当社員に罰金160万円、タクマには罰金7000万円、同社担当社員に罰金140万円。

 3月22日、住友重機械工業に罰金1億6000万円、 同社担当社員に懲役1年4月・ 執行猶予3年。
 西原環境テクノロジーには罰金7000万円、 同社担当社員には罰金140万円。 

 3月19日、日立造船に対して、罰金8000万円、同社担当社員に罰金160万円の判決。

 3月15日、アタカ大機(旧アタカ工業)に罰金1億6000万円、同社担当社員に懲役1年4月・執行猶予3年。

 3月12日、栗田工業に罰金1億6000万円、同社担当社員に懲役1年4月・執行猶予3年の判決。

« 酒の製造・販売免許制度と果実酒 | トップページ | 橋梁工事談合事件の刑事事件 »

ニュース」カテゴリの記事

法律」カテゴリの記事

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183277/15112006

この記事へのトラックバック一覧です: JFEのし尿・汚泥施設談合の刑事事件判決:

« 酒の製造・販売免許制度と果実酒 | トップページ | 橋梁工事談合事件の刑事事件 »