フォト

weathernews

ツイッターでつぶやく

無料ブログはココログ

« 催告後の債務承認と民法153条(時効談義:その9) | トップページ | 内装用壁材のカルテルの課徴金 »

2007年5月24日 (木)

『国際ジャーナル』のつづき

 ブログやホームページでは、アクセス解析ということができ、例えば、グーグルやヤフーというような検索サイトから、どういうキーワードで検索して、こちらに訪れて来られるかということを把握することができます。

 このブログを検索サイト経由で来ていただく訪問者のうち、結構な割合で、「国際ジャーナル」とか「国際ジャーナルの取材受けました」という検索キーワードで検索されて来られる方がおられます。

 私のブログで該当する記事は、次の4月9日11日の分なんですけど、1ヶ月以上たった今でも、これで来られる方がコンスタントに続いています。(リンクしておきます。)

 『国際ジャーナルの取材受けました』という話(4月9日)

 もうひとつの「国際ジャーナル」(4月11日)

 で、この4月9日の分に、今日(5月24日)になって、新しくコメントをいただきました。
 そっちを見てもらえばいいのですが、面倒な人もいるでしょうから、後にそれを掲載しておきます。ただし、これは匿名のコメントで、どういう方が書かれたか全く知りませんし、内容につき私は確認できていません。その真偽については、それぞれでご判断・ご確認ください。
 発行元の国際通信社さんのほうで、これは間違いだ、ということであれば、私宛に訂正の申し入れをしていただければ、確認のうえ、訂正記事ならびに正しい料金表を貼り付けさせていただきますので、よろしく。

 それにしても、あれ以来、気をつけているのですけど、銀行やホテルのロビーに、「国際ジャーナル」を置いてるのを見たことないし、もちろん、本屋でも見たことないのですがね。このへんも、あそこに置いてますよ、という情報があれば、お教え下さい。

 それと、私に具志堅用高さん連れて取材に来ようとしたときの、関西の法律事務所・特許事務所の特集の号はもう出たのでしょうか。もし出てれば、本屋で1冊、買いたいので教えて下さい。でも、あんまり高けりゃ嫌よ。

【コメントの内容】
 まずは電話で掲載料はA4の半分で79000円を基本にしています。と言われます。そして取材が終わると料金表を見せてA4・1ページにインデックスA4の1/3の大きさのセットで約40万円A4が2ページで約60万円、さらにカラーだと約10万円の費用がかかるそうです。さも7、8万円で済むような話に見せかけて取材後、驚くような金額表を見せられるといった構図です。お金を使っても取材を受けたい人はそれでいいですけど、結構安いからと思った人は後で後悔しますのできちんとした見積もり表を送るようにされたほうがよいと思います。

  ※太字、下線等、文字の修飾は川村の責任です。

« 催告後の債務承認と民法153条(時効談義:その9) | トップページ | 内装用壁材のカルテルの課徴金 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

(※川村注※ 以下のコメントについて、国際通信社より申し入れがあり、検討の結果、川村の責任において、一部伏せ字☆といたしました。ご了承ください。)

 同様の手口の☆☆☆☆☆☆☆商法の電話があり,わたしのブログで紹介しました。
 引っかかる同業者も結構いるのですよねぇ。

 コメントありがとうございました。今後ともよろしく。
 ただ、この出版社は、ちゃんと電話通りのタレントによるインタビューはされていて、記事にもしておられるので、それに関しては、「悪徳」とは言えないですよね。
 有名人と直接話せて記事にしてもらうことを、いくらに評価するかは、人それぞれですし、商売上もそれなりにメリットがあるということもあるでしょう。人気タレントとちょっと話せるだけでも、数十万円支払うというのも、それほど珍しくはないですから。
 そして、出版社側が、その雑誌の販売部数や配置先についてもウソを言ったり、誤解を招く表現をせず、ちゃんと丁寧に説明して、また、勧誘段階で、「このインタビューは取材とは言っても、掲載量に応じて、こういう料金をいただくのですよ」という説明を顧客にきちんとしているのであれば、他の広告宣伝媒体の勧誘と同じ事で、全く問題はない営業でしょう。
 だから、勧誘電話を受けた人が、ネット検索して、私の記事などを見て検討し、出版社にちゃんと正しい説明を受けた上で、判断してもらえばそれで良いと思います。

先ほど、株式会社報道通信社(報道ニッポン)と名乗る所から電話がありました。
検索しましたら、株式会社報道通信社→国際通信社グループ→このページにたどり着きました。

内容は、みなさんと同じで、元4人組アイドルの・・・さんをインタビューアーにして御社を取材したい、とのことでした。

このページを拝見し、助かりました。

ダンス教室を運営していますが、昨日この国際ジャーナルから同じ内容で取材依頼の話があり、調べておりました。
とても参考になりました!ありがとうございます。

昨日友人から国際ジャーナルの話を聞きました。
友人の会社の所長はまんまとひっかかり弁護士に相談するとのこと。
まず取材されてる側がお金を払わなくてはいけない時点で「おかしい」と思わないのでしょうか?
ちゃんと雑誌も存在しているので、100%詐欺ではないですよね。
というか法律の穴をすり抜けている感じ。
具志堅さんなどはちゃんと理解してこの雑誌社に協力しているのでしょうか?
このページを友人の会社の所長さんが見ていたらよかったのに。
こういう風にお金を稼いで罪悪感はないのでしょうか。

こんにちは。検索でこの記事にヒットしました。

本日、国際通信社から「ザ・ヒューマン」という雑誌名での取材云々の電話がかかってきました。
1年に1回くらいずつ雑誌名が変わってかかってきていましたので、今回も「興味なし。断る。」で済ませました。

中小でも「企業」だから、一般の消費者のように「消費者保護」を受けられないので、自衛策を施さなくてはなりませんね。

川村さんこんばんわ!!!

うちにも今日電話がかかってきて、会社を検索していたら、

川村さんに出会いました。。。

うちには、具志堅ではなく、渡嘉敷の(トカチャン)の取材でした、

怪しい・・・・・・

と思いましたが、怪しくなさそうですが、後日また連絡すると

電話を切りました!!!

川村さんのコメント凄く役立ちました有難うございました!!!

この記事のおかげで、被害にあわずに済みました。
とても助かりました。

検索でヒットして、こちらの記事にたどり着きました。
うちのような小さな会社にも、たった今「ザ・ヒューマン」なる雑誌より取材の申し込みの電話が入りました。
ひとまず社長に言付かるということで電話を切りましたが、川村先生の記事、大変参考になりました。どうもありがとうございました。

「ザ・ヒューマン」の名田さんから7万円で取材したい、との電話がありました。
俳優の「むらのたけのり」さんとカメラマン、本人の三人で明日にでも取材に行きたいと言われました。

こちらの記事のを見つけて、やっぱりなぁとお断りしました。
こちらのサイトで他にも被害を受けている方がいると分かり、参考になりました。
ありがとうございます。

本日、同じ内容で電話来ました。金額はA4サイズ4/1サイズで五万円でした。タレントは積み木崩しの穂積さんでした。
地元密着型なので・・・こんな所におかねかけるなら、地元に広告宣伝した方がよいかと思いました。EXILEとかなら、必ずOKしますがね(笑)

国際ジャーナル、会社にかかってきました。

ブログの内容を見る限り詐欺とかの類では無いようですね。
でも、胡散臭くは感じてしまうのはインタビューと称して掲載料を支払って掲載させる手法っていうのが普通の人には受け付けないかも。

インタビューと言うから違和感があるんであって、最初からインタビュー形式の広告掲載と言ってもらえれば納得感があるんですけどね。
ただ、広告掲載と先に言ってしまうと断られるのが常ですから、このような手法を取ってるのかなと。

まあ、インタビューアーも過去に一世を風靡した方も居る様なので、元ファンだったとか、その方とお話できる事に価値を見いだせる方には良いのかも。
うちの会社は・・・・・・・・・・・・零細企業なので無理無理ww

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183277/15188734

この記事へのトラックバック一覧です: 『国際ジャーナル』のつづき:

« 催告後の債務承認と民法153条(時効談義:その9) | トップページ | 内装用壁材のカルテルの課徴金 »