フォト

weathernews

ツイッターでつぶやく

無料ブログはココログ

« ヤフー個人情報漏洩事件控訴審判決延期 | トップページ | 景品表示法と下請法の18年度運用状況 »

2007年5月29日 (火)

緑資源機構の林道談合と松岡農水相の自殺etc.

 このブログでは、独禁法談合事件について何やかや取り上げてるので、その内、緑資源機構の事件もちょっとまとめてみようかと思ってたら、何だかエライことになってきましたね。

 松岡農水大臣の自殺に続いて、今日も、元理事の自殺が報じられています。

 しかも、日経BPネットの立花隆氏の「メディア ソシオ-ポリティックス」の昨日付『謎の自殺遂げた松岡農水相 阿部内閣が抱える「闇」の正体』によれば、10日ほど前に、松岡氏と関係のある熊本の地元有力者が自殺をしているとのこと。この立花氏の記事は興味深いですね。
 他の報道などからすると、この有力者は、熊本県阿蘇市で損害保険代理店を経営する62歳の男性で、松岡農水相とは同級生。松岡農水相の地元秘書的な人物だったらしく、また、今年初めの阿蘇市議選に立候補したが落選したようです。

 いずれにせよ、この3人の自殺が偶然とは思えず、単なる談合事件ではなくなってきたようですね。

 どういう展開になるのか、あるいは、関係者の自殺ということで、うやむやに終わらせるのか、注目したい事件です。

 (蛇足ですが)死者にむち打つことについては配慮も必要かもしれないが、それにしても、テレビのインタビューでの石原東京都知事のコメントはいけない。都知事の職にあるものが、公共に流れることがわかっていて、政治家の自殺を「サムライ」と美化するのはまずい。今後もこの事件で、そういう「サムライ」が増えたらどう責任をとるのか。もうちょっと考えて欲しい。

« ヤフー個人情報漏洩事件控訴審判決延期 | トップページ | 景品表示法と下請法の18年度運用状況 »

ニュース」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183277/15242958

この記事へのトラックバック一覧です: 緑資源機構の林道談合と松岡農水相の自殺etc.:

« ヤフー個人情報漏洩事件控訴審判決延期 | トップページ | 景品表示法と下請法の18年度運用状況 »