フォト

weathernews

ツイッターでつぶやく

無料ブログはココログ

« 「外国為替証拠金取引は賭博」判決 | トップページ | 野球選手肖像権訴訟と独禁法 »

2007年4月13日 (金)

プロバイダ責任制限法の判決

 大阪地裁平成18年6月23日判決
  判例時報1956号130頁

 インターネット掲示板に投稿をした発信者の情報開示プロバイダ(携帯電話会社)が認めなかったため、プロバイダ責任制限法に基づいて、被害者が、発信者情報開示損害賠償を求めた事案で、発信者情報(住所、氏名、メールアドレス)の開示は認容したものの、損害賠償請求については、プロバイダ側に故意・重過失はなかったものとして棄却した判決。

« 「外国為替証拠金取引は賭博」判決 | トップページ | 野球選手肖像権訴訟と独禁法 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

法律」カテゴリの記事

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183277/14664274

この記事へのトラックバック一覧です: プロバイダ責任制限法の判決:

« 「外国為替証拠金取引は賭博」判決 | トップページ | 野球選手肖像権訴訟と独禁法 »