フォト

weathernews

ツイッターでつぶやく

無料ブログはココログ

« 公取委 大忙しですね | トップページ | 消費者契約法9条1号の合憲判決(最高裁) »

2007年4月20日 (金)

また、北海道警察の捜査情報流出 

 北海道警察稚内署刑事課の男性巡査長の私用パソコン(公務利用の承認は受けていたが、無断で持ち帰っていたらしい)が、ウイルスに感染していたため、ファイル交換ソフト「Winny(ウィニー)」を通じ、約560人分の個人情報を含む捜査情報がインターネット上に流出したようです(19日発表)。
 流出した個人情報は地元の暴力団組員やその家族、知人の氏名、住所、犯歴など。報道によれば、北海道警では現在、私用パソコンを含めウィニーの使用を禁止しているとのこと。

【参考】北海道警察江別署巡査の捜査情報流出事件での
    北海道に対する損害賠償請求事件の判決について

   札幌地裁 17.4.28.(被告北海道に慰謝料40万円)
   札幌高裁 17.11.11.(原告逆転敗訴)
   最高裁  18.10.19.(上告棄却)

    ということで、警察側の管理責任などは認められない結果
    となっていますが。

    今度の稚内署の事件で、暴力団組員らから賠償請求され
    たら、北海道はどのように対応するのか、何だか複雑な問
    題が出てきそうな気もしますね。暴力団の不当な要求には
    毅然と対応してほしいが、こんなことでは腰砕けにならない
    か心配ですね。

« 公取委 大忙しですね | トップページ | 消費者契約法9条1号の合憲判決(最高裁) »

ニュース」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

法律」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183277/14784444

この記事へのトラックバック一覧です: また、北海道警察の捜査情報流出 :

» ウィニー流出事件続出!情報漏洩を防ぐ!個人情報保護法について [ウィニー流出事件続出!情報漏洩を防ぐ!個人情報保護法について]
個人情報の保護に関する法律 コンプライアンスとは、自分と自分の家族を守るためにある。ウィニーから学ぶ!情報漏洩を防ぐ方法と知識は必須です。 [続きを読む]

« 公取委 大忙しですね | トップページ | 消費者契約法9条1号の合憲判決(最高裁) »